ジスロマックとは

ジスロマックという薬について


細菌に有効な抗生物質


ジスロマックという薬は、細菌感染時に服用すると効果的な抗生物質です。抗生物質にはいろんな系統があるのですが、これはマクロライド系で、比較的新しい薬になります。咽頭炎や歯周病、気管支炎、肺炎、中耳炎といったばい菌が入って悪さをする病気を治します。また、性感染症のクラミジアには良い効果を示すので、クラミジアとわかったらほぼ間違いなくこのジスロマックが処方されます。

ジスロマックの種類


ジスロマックには錠剤だけでなく粉薬、カプセル、注射があります。錠剤やカプセルが飲み込みにくいという人には粉薬が処方されたり、症状によっては注射が選択されたりします。ジスロマックは子どもにも使われる抗生物質で、小児用の粉薬、カプセルがあります。

ジスロマックの飲み方は独特


通常、飲み薬は1日2回あるいは3回食後に服用というのが一般的ですが、ジスロマックの飲み方は独特です。大人の錠剤タイプの場合、一般的な飲み方として1日1回、500mgを3日間連続で飲みます。食前、食後は問いませんが、できるだけ決まった時間に飲むようにします。子宮頸管炎やクラミジア性の尿道炎の時は1000mgを1回飲むだけです。骨盤内炎症性疾患の時は500mgを2時間かけて点滴し、医師の判断によって錠剤250mgを1日1回飲むようにします。大人用のドライシロップ(2g)は、水(60ml)に溶かして飲みます。この場合は、空腹時に飲むのが良いとされていて、食後2時間以上経過してからがベストなタイミングです。薬を飲んだ後は2~3時間食事を摂らないようにしましょう。小児用ジスロマックの飲み方は、体重1kgにつき10mgを1日1回、3日連続で服用します。カプセル(100mg)、細粒(10%)共にこれで計算して処方されますので、医師の指示に従って飲む(飲ませる)ようにしましょう。

どんな効果がある?


ジスロマックは風邪や肺炎、中耳炎、クラミジアなどの細菌感染に良い効果があると言われています。特にクラミジアには良く効くと言われていて、医師の指示通りきちんと飲み切れば完治すると言われています。クラミジアに感染した時にこの薬を処方され、飲むと比較的早くに症状が楽になるので薬を勝手に止めてしまう人がいるようですが、一時的に菌が活動しなくなっただけで完治していません。飲み始めて3~4週間後に再度検査をして陰性となっていればOKなので、良くなったと思っても薬は飲み切るようにしましょう。