ジスロマックとクラビットの違い

クラミジア治療に有効とされるジスロマックとクラビットの違いは?


ジスロマックとクラビットの特徴


ジスロマックとクラビットはクラミジア治療で使われる抗生剤として有名です。どちらも抗生剤なのですが、どんな特徴があるのかを知り、納得した上で服用するようにしましょう。ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、1回の服用で済むために飲み忘れなどの心配がなく、効果も良いとされているのでこの薬を選択する機会が増えてきています。ジスロマックは妊娠中の女性でも服用できるので、妊娠中にクラミジアに罹ってしまった時も安心して治療できます。クラビットはニューキノロン系の抗生物質で、マクロライド系の抗生物質よりも効果は劣りますが、様々な感染症に使われている安全な薬です。

服用方法や治療期間の違い


同じ抗生物質でも服用方法や治療期間に違いがあります。ジスロマックの服用方法ですが、1000mgを1回水またはぬるま湯で飲むだけです。この1回だけの服用で済むのがジスロマックの良い点です。一方クラビットは1錠を1日2~3回服用します。症状や効き目を見ながら量は調節され、他の薬と同じように継続しての服用となります。治療期間については、ジスロマックは1週間から10日くらい、クラビットも同じくらいの期間です。

副作用に違いはある?


どんな薬にも副作用は多少なりともあるものですが、ジスロマックもクラビットも抗生剤の中では副作用は少ない方だと言われています。どちらにも共通してある副作用は、やはり下痢や吐き気、胃痛などの胃腸障害です。軽いものは心配ありませんが、ひどい場合は医師に相談しましょう。また、クラビットはニューキノロン系ですが、この系統に特徴的な光線過敏症を起こすことがあります。これは日光に当たると赤くなったり水ぶくれができたりするもので、皮膚が弱い人や長期に渡って服用する場合はなるべく直射日光を避けましょう。ジスロマックにはこのような副作用はみられません。

どちらの薬が良いか


ジスロマックかクラビットかどちらが良いかというのは、それぞれの特徴や服用方法などから見るとジスロマックの方が良いでしょう。しかし、医師の判断や薬との相性もありますので、自分の合った方を選択することが一番です。どちらの薬を処方されても、きちんと指示通りに飲まないと効果はありません。抗生剤は処方通りに飲み切らないと耐性菌が発生してしまいますので注意しましょう。