ジスロマックの禁忌

ジスロマックと併用してはいけない薬はある?


ジスロマックの飲み合わせ


ジスロマックは抗生物質で、病原菌を死滅させるために処方されます。ジスロマックを飲んでいる時に風邪をひいたら、風邪薬を飲んでも大丈夫でしょうか。市販されている風邪薬には抗生物質は含まれていませんので、基本的に併用しても問題はありません。また、頭痛や生理痛といった痛みが辛い時に飲む市販薬の解熱鎮痛剤も一緒に飲んでも大丈夫です。辛い症状を我慢する必要はなく、安心して飲んでください。また、抗生物質を飲むとお腹が緩くなるという人は多いですが、お腹の調子を整えるための整腸剤を飲んでも大丈夫です。抗生物質を飲むと必ず下痢をするという人は、医師にその旨を伝えると整腸剤も一緒に処方してもらえます。一方で、薬ではありませんが、ジスロマックを服用中に牛乳などの乳製品は控えた方が良いと言われています。何か体に異変をきたすというわけではないので絶対にダメではありませんが、乳製品に含まれている脂肪分がジスロマックの効果を弱める可能性がありますから覚えておきましょう。

ジスロマックの併用禁忌と併用注意の薬


ジスロマックは比較的併用禁忌とされる薬が少ないのが特徴でもあります。併用禁忌とされているのは、処方薬でクリアミン配合錠(頭痛、片頭痛薬)、ジヒテルゴッド錠(頭痛、片頭痛、低血圧薬)です。併用注意とされているのは、ジスロマックとクラビットというように複数の抗生剤を飲むことですが、症状によって医師の判断で併用されることがあります。この場合は飲み方に注意が必要ですから、医師の指示をしっかり聞き、守るようにしてください。他に併用注意とされているのは、ワーファリン(血液をサラサラにする薬)、シクロポリン(免疫抑制剤)、制酸剤(胃腸薬の一種)、ジゴキシン(強心剤)、メシル酸ネルフィナビル(抗HIVウイルス薬)などがあります。病院で診察を受けた時に、現在服用中の薬が有るか無いかを尋ねられますから、必ず伝えるようにしましょう。ジスロマックと併用禁忌や併用注意の薬があれば、医師はそれを避けて別の薬を処方してくれます。これらの薬とジスロマックを併用する時は、服用時間をずらすとかジスロマックを飲んでいる間は休薬するなど、医師や薬剤師が指示してくれます。指示をしっかり守って正しく服用するようにしましょう。