ジスロマックは効くまでどれくらい?

ジスロマックは服用から効果を発揮するまでが早い


ジスロマックの効き目


ジスロマックはあらゆる病原菌となる殺菌を死滅させる効果がある抗生物質です。特にジスロマックはクラミジアに優れた効果があるとされ、最近ではクラミジアなら第一に選択される薬になってきました。まだ新しい薬なのでそれほど普及していないのですが、効き目が早いのが注目されており、これからどんどん普及してくるのではと考えられています。ジスロマックが効くとされる病気は、クラミジア、歯周病、淋病、肺炎、咽頭炎、尿道炎、中耳炎、子宮頸管炎などがあります。ジスロマックは抗菌作用だけでなく、抗炎症作用もあるので細菌感染に伴う炎症も抑える効果があります。

ジスロマックはどれくらいで効いてくる?


ジスロマックはクラミジアなら90%完治できると言われていて、クラミジアで悩む人にとってはとても頼もしい薬です。他の薬なら2~3日服用しないと効いてきたという実感がないものですが、ジスロマックなら服用して2時間ほどで効果が発揮されます。さらに、効果が持続するのも特徴なので、クラミジア治療のための服用なら1週間から10日間は効果が持続すると言われています。クラミジア治療では、1000mgという高濃度を1回飲むだけで効果が持続するのです。実際にクラミジア治療でジスロマックを飲んだ女性の中には、飲んだ翌日からおりものの色やニオイが薄くなり始め、5日目くらいにはすっかり普通のおりものに戻り、完治したという例があります。1回飲むだけでほとんど完治してしまうのですから、何日か薬を飲み続けるよりもこちらの方法を選択する方が楽です。

1週間ほどでクラミジアは完治


ジスロマックでクラミジアを治すなら、一番おすすめなのは1000mgを1回飲むだけの方法です。効果が長く持続してくれますから、あまり症状が重くない状態なら1週間ほどでクラミジアを完治させることができるのです。この方法だと、患者さん本人が楽で良いですから、最近ではクラミジアと確定したらジスロマックを優先して処方するようになってきています。もちろん、症状の進行具合や個人差があるので1週間以上かかる人もいるかもしれませんが、効くまでの時間が早い、副作用が少ない、飲み合わせに注意する薬が少ないと良い点が多いです。妊娠中の女性でも服用できるのも良い点です。クラミジアは出産までに治療しておかないと、母子感染の可能性がある怖い病気ですから、感染がわかったらすぐに治療して完治させましょう。ジスロマックならこれが可能なのです。