ジスロマック服用中の飲酒

ジスロマックの服用中は禁酒でないといけないのか


肝臓や腎臓の負担が増える


お酒を飲んだら肝臓や腎臓でアルコールが代謝されます。薬を飲んでも、肝臓や腎臓で有効成分を代謝するので臓器には負担がかかっています。もし感染症にかかり、ジスロマックが処方されてそれを服用したら、有効成分が体内にある間は禁酒した方が良いでしょう。アルコールと薬の有効成分の両方を処理するのですから、肝臓と腎臓にかなりの負担がかかっていると考えられます。ジスロマックの副作用の中に、肝臓の重い症状や急性腎不全があります。この副作用はごくまれと言われていますが、アルコールを摂取することで、その副作用が出てしまう可能性もあるのです。ジスロマックを服用中は、アルコールは我慢しましょう。

ジスロマックの効き目が悪くなる?


ジスロマックは、血液中の成分濃度が一定の水準に達すると効果を発揮します。そんな時にお酒を飲んでアルコールが血液中に取り込まれるとジスロマックの有効成分濃度が低くなってしまうのです。そうなると効き目が悪くなってしまい、体にある感染症の細菌の増殖が抑えられなくなり、症状が改善しない(薬が効かない)ようになってしまいます。一定期間飲むように指示されたジスロマックが本来の効果を十分に発揮できないままになると、病原菌自体に耐性がつき、その薬が効かなくなってしまいます。クラミジアの治療にはジスロマックが一番有効と言われていますが、お酒を飲んだことによって効き目が悪くなってしまうと、別の抗生物質に変更しないといけなくなります。ジスロマック以外の抗生物質は、クラミジアに対しては有効性が低いと言われていますので、治癒するまで時間がかかることになります。

禁酒が完治への早道


クラミジアに罹ってしまったら、パートナーへの感染も心配ですし一刻も早く治したいものです。ジスロマックはクラミジアに対しては良く効くと言われていますので、きちんと飲めば完治します。お酒が大好きな人にとって治療中に禁酒するのは辛いかもしれませんが、ジスロマックを飲み始めたら2週間は禁酒する方が良いでしょう。そうすることで確実に治療でき、完治します。どうしても付き合いなどでお酒を飲まなければならないのであれば、お酒を飲む前にたっぷりの水分を摂るとか、薄めのカクテルなどをゆっくりと飲むようにしましょう。一気飲みはアルコールの血中濃度を急激に高めるので注意が必要です。