ジスロマック錠について

ジスロマック錠の種類と使い方


ジスロマック錠の処方


ジスロマックという抗生物質には、錠剤、カプセル、ドライシロップの3タイプがあります。ごく一般的なのがジスロマック錠250mgで、もう一つはジスロマック錠600mgがあります。症状によって処方される量が違うので、このような種類の錠剤があるのです。咽頭炎や喉頭炎、急性気管支炎、副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア、淋病などに250mgが処方されます。成人の場合は、1日に1回、500mg(2錠)を3日間服用します。尿道炎や子宮頸管炎では1000mg(4錠)を1回服用するというような処方です。600mgのジスロマックは、一般的な細菌感染で処方されるのとは違い、後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う症状(播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス症)の発症抑制と治療で処方されます。

ドライシロップ、カプセル、細粒の処方


ジスロマックには、錠剤の他にドライシロップ、カプセル、細粒があります。成人用はドライシロップ、カプセルと細粒は小児用です。成人でも錠剤が飲み込みにくい、苦手で飲めないという人はいますので、そういった人でも楽に服用してもらうためにドライシロップがあるのです。ドライシロップは2gを水60mlに溶かして空腹時に飲みます。カプセルと細粒は小児用なので、子どもの体重によって処方される量が決まります。体重が15kgから25kgなら1日2カプセル、26kgから35kgなら1日3カプセル、36kgから45kgなら1日4カプセル、46kg以上なら5カプセルがだいたいの目安です。体重が15kgに満たない子どもなら細粒が処方されます。もちろん、体重が15kg以上でもカプセルタイプの薬が苦手だという子どもには細粒が処方されるので医師に相談しましょう。

勝手に量を増減しないこと


ジスロマックは、クラミジアなどの性感染症にも良く効く抗生物質で、この症状が出てジスロマックを飲むとすぐに効果があらわれて良くなります。このような時に、1回服用して良くなったからと自分で勝手に薬を飲むのを減らしてしまったり、1回飲み忘れたから次に2回分飲んだりする人がいます。このような飲み方はどちらも間違いです。1回飲んで症状が良くなったとしても、まだ細菌が死滅したわけではありませんので処方された分はきちんと飲み切ることが大切です。また、飲み忘れ分を次に一緒に飲むのも良くありません。ジスロマックは、医師の指示通り最後まできちんと服用することで良い効果がみられる薬なのです。