記事一覧一覧

メイアクトとは

メイアクトはセフェム系薬であり、副鼻腔炎や中耳炎においても非常に効果が高いことが知られています。風邪や気管支炎の際に内科など、手術や抜歯の後の感染症予防にも処方されるお薬です。

ジスロマックとクラリスの違い

クラリスとジスロマックは同じ系統の抗生物質で、マイコプラズマ肺炎やクラミジアに効くというのも同じです。一方で、違う点は何かというと、クラリスは主に呼吸器感染症や中耳炎の治療に使われています。他に外傷などの二次感染予防、ピロリ菌の除菌、肺MAC症の治療で、他の薬と併用されることが多いのです。

ジスロマックとクラビットの違い

ジスロマックとクラビットはクラミジア治療で使われる抗生剤として有名です。ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、1回の服用で済むために飲み忘れなどの心配がなく、効果も良いとされているのでこの薬を選択する機会が増えてきています。クラビットはニューキノロン系の抗生物質で、マクロライド系の抗生物質よりも効果は劣りますが、様々な感染症に使われている安全な薬です。

ジスロマックは効くまでどれくらい?

ジスロマックはクラミジアなら90%完治できると言われていて、クラミジアで悩む人にとってはとても頼もしい薬です。他の薬なら2~3日服用しないと効いてきたという実感がないものですが、ジスロマックなら服用して2時間ほどで効果が発揮されます。さらに、効果が持続するのも特徴なので、クラミジア治療のための服用なら1週間から10日間は効果が持続すると言われています。

ジスロマックのジェネリック薬アジー

クラミジア治療や風邪、肺炎など多くの感染症に有効なジスロマックという抗生物質についてもジェネリック薬があります。アジーという名前の薬で、ジスロマックと同じ薬効があります。ジスロマックは通販で購入できますが、ジェネリック薬のアジーの方がかなり安価で購入できるのでおすすめです。

ジスロマック服用中のお酒

ジスロマックはお酒との飲み合わせは特に注意喚起はされていません。しかし、抗生物質を飲まなければならない体調であることを自覚し、ジスロマックを服用している間のお酒は控えた方が良いと言えるでしょう。ジスロマックは、血液中で成分濃度が一定以上のレベルになることで発揮されます。

ジスロマック錠について

ジスロマックという抗生物質には、錠剤、カプセル、ドライシロップの3タイプがあります。ごく一般的なのがジスロマック錠250mgで、もう一つはジスロマック錠600mgがあります。症状によって処方される量が違うので、このような種類の錠剤があるのです。咽頭炎や喉頭炎、急性気管支炎、副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア、淋病などに250mgが処方されます。

ジスロマックと副作用

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、抗生物質と聞くと副作用があるのではと心配する人も多いですが、マクロライド系の薬は比較的安全性が高く副作用は少ないと言われています。薬には、副作用が全く無いというものは無く、少なからず何らかの副作用があると考えておきましょう。

クラミジアで足の付根が痛むのは鼠径リンパが腫れるから

クラミジアは結膜炎や眼炎などのトラコーマを発症させるA型、B型、C型や、一般的な性感染症であるD~K型が多いからです。鼠径リンパ肉芽腫は、性予防法によって規制されるほど患者数が多かった時期がありましたが、近年では日本国内での感染例はほとんど報告されていません。

アモキシシリンは並行輸入で入手できる

梅毒や淋病、クラミジアなどの性病には抗生物質が効果を発揮します。抗生物質には5種類ありますが、アモキシシリンはペニシリン系のもので、細菌の外側の壁の合成を阻害して細菌の活動を抑制して感染を治す働きがあります。アモキシシリンは梅毒の治療薬として知られていますが、そのほかに歯周病や十二指腸潰瘍、皮膚感染症にも効果があることで知られています。 ピロリ菌の感染症にも効果があります。

内服薬ジスロマックとは

内服薬のジスロマックには錠剤があります。錠剤の場合には、主成分となっているアジスロマイシンの量により250ミリグラムや500ミリグラム、1000ミリグラムとがあります。一般的な飲み方としては、なるべく決まった時間にジスロマック(アジスロマイシン)500ミリグラムを1日1回3日間続けて服用することとなります。

クラミジアは抗生物質で完治する

クラミジアで陽性反応が出た場合、一般的には男性であれ女性であれ、抗生物質を投与することになります。クラミジアにも数種類あるため、それに合わせて薬を選択します。マクロライド系やニューキロン系といった薬を使うことになります。ジスロマックという特効薬と言われるものがあり、治療効果は確実に上がります。

ジスロマックは淋病にも効きます

マクロライド系の抗生物質に分類されるジスロマックは、淋病治療のために処方される薬ではなく、クラミジアやマイコプラズマなどの性病の治療薬として使われることが多い薬剤です。ジスロマックは基本的にはクラミジアの治療薬として使われますが、淋病の治療効果もあるため、軽度の淋病の場合には、ジスロマックを服用することで治る可能性もあります。

ジスロマックは個人輸入できます

ジスロマックは、個人輸入が合法となっています。地方厚生局に、輸入するのが営利目的ではない点が届け出をされていれば、250ミリグラムの錠剤に関しては、1度に60錠まで、600ミリグラムなら1度に30錠まで合法で個人輸入ができます。ジスロマックの分類は処方箋医薬品となっていて、分量は用法用量からすると、1ヶ月以内の分量なら輸入可能です。

ジスロマックは何の薬?

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質です。その殺菌作用によって、細菌による感染症の治療に使われています。主としてクラミジア感染症に有効なので、性感染症であるクラミジアの治療に使われるのですが、こちらの抗生物質はその他の症状に対しても用いられます。ジスロマックは歯周病の治療にも用いられます。

ジスロマックの飲み方とタイミング

ジスロマックは、クラミジア感染症の治療に特に効果があるとされている抗生物質です。クラミジア感染症を治療するための飲み方としては、成人であれば1000ミリグラムを1日1度服用するのみとなっています。250ミリグラムのジスロマックなら、4錠分を一気に服用しましょう。

ジスロマックの投与方法

ジスロマックには、飲み薬だけでなく『ジスロマック点滴静注用500mg』もあります。これは、アジスロマイシンとして500ミリグラムを1日に1度、2時間と言う時間をかけ点滴静注して投与するのです。この点滴は肺炎や骨盤内炎症性疾患に効果が期待できます。

咽頭クラミジアは風邪の症状に似ている

咽頭クラミジアは、喉の粘膜に感染する性病です。喉に性病というのは奇妙に感じるかもしれませんが、感染経路は非常に多くあり、自覚症状が出ても気づかないままというケースが多数あります。喉に感染する性感染症はクラミジアだけでなく淋病もあります。咽頭クラミジアでは発熱はほとんど起きません。

ジスロマックの即効性

抗生物質は、服用してから3日ほど経過しても効果が感じられない場合には、無効であると考えられます。症状次第ではありますが、ジスロマックを1回飲んで1日から2日ほどで効果を感じられるので、クラミジア感染症への即効性はあるでしょう。まず、クラミジア感染症の治療は、症状の程度が軽ければ大変なものではありません。