記事一覧一覧

結膜炎とクラミジアの点眼薬とは

結膜炎は目の中や周囲に症状が出る眼病で、主にアレルギー性とウイルス性の2種類があります。アレルギー性結膜炎の代表が花粉症です。ウイルス性の結膜炎には、「はやり目」と言われるものが代表的で、目ヤミや充血などの症状が出ます。一方、クラミジア結膜炎は、性病であるクラミジアの細菌が目に入って感染します。

パートナー間で感染しあうのをピンポン感染と言う

コンドームを使わないセックスでは50%以上の確率で相手に感染するほど、クラミジアは感染力の高い性病です。クラミジアにかかって自分は治っても、性的関係にある人にうつしていたら、また自分が感染することがあります。これをクラミジア感染スパイラルやピンポン感染と呼びます。

NO IMAGE

オーラルセックスによって口にクラミジアが感染する

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症しますが、この細菌は粘膜にだけ住み着くという性質があります。乾いた場所ではすぐに死滅するほど弱いものですが、感染力は高く、保菌者と性交渉をすると約50%の確率で感染します。

NO IMAGE

クラミジアにジスロマック

クラミジアの治療薬として良く用いられる薬がジスロマックです。特効薬とも言われており、短期間で高い効果を発揮します。成分はアジスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、ジスロマックという名称はファイザー製薬が付けた名称です。日本の性病のなかで最も感染者が多いと言われているクラミジアだけでなく、歯周病などの細菌がかかわる病気の治療薬です。

産婦人科医は女性が多いので女性患者が相談しやすい

性感染症の検査や治療は、泌尿器科や皮膚科、性病科などで受診することが可能です。男性であれば泌尿器科、女性は産婦人科を受診すると良いと言われています。若い人にとっては産婦人科に行くことに精神的なハードルを感じたり、そもそも妊娠していないのに受診して良いのかと悩んだりするかもしれません。

ゴム無しの性交でクラミジアに感染

クラミジアを始めとした性病は、粘膜から粘膜に感染します。クラミジア菌は粘膜に取り付いて、性器同士の接触によって感染していきます。ゴムなしで性行為を行うと、互いに粘膜をこすり合わせているようなものですから、感染のリスクは非常に高まります。良くある勘違いとして、男性が射精していなければ大丈夫というのがありますが、そういうわけにはいきません。

クラミジアは性器感染する

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因となる性病です。一般的に相手の粘膜に感染者の粘膜や体液が接触することで感染します。感染するのは男性であれば尿道の粘膜、女性であれば子宮頸部と呼ばれる膣の奥の部分にある粘膜です。感染する力が強い細菌で、保菌者とセックスすると50%以上の確率でうつります。

NO IMAGE

クラミジアが進行すると下腹部痛が出る

クラミジアは男性にも女性にもかかる性病です。多くは性行為によって性器の粘膜にクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症します。クラミジアの特徴として、男性の場合には排尿時の痛みがあって、尿道にかゆみが出るという典型的な性病の症状が発生しますが、女性の場合には無症状が多いという点です。

NO IMAGE

クラビットとクラリスの違い

クラミジアの治療には通常、抗生物質や抗菌剤が使用されます。クラリスロマイシンを主成分とするクラリスは、マクロライド系の抗生物質として良く知られています。マクロライド系の抗生物質は、クラミジアの細菌の増殖を抑えるという効果があります。細菌そのものを死滅させるわけではなく、効き目はおだやかです。

クラミジア治療中のアルコールは?

性病専門のクリニックでは、クラミジアの治療中に飲酒を控える様にしっかりとアドバイスをするものです。これは抗生物質による投薬治療では一般的なアドバイスで、何もクラミジア治療に限った事ではありません。体内にアルコールが入る事で一時的にせよ血管拡張作用が生じ、血流がアップして炎症部分に悪影響をもたらすからです。

クラミジアは粘膜の接触で感染する

性病の中でも一般的によく知られているのがクラミジアです。クラミジアは男女どちらにも感染する性病で、特に女性に多い性病としても知られています。クラミジアは症状が体に現れにくいといった特徴もあり、感染していることを症状で気づくことが難しい傾向にあります。感染に気づかず放置してしまうことで注意したいのが、エイズや淋病等への感染リスクが高まることです。

NO IMAGE

クラミジアの潜伏期間は最長で3週間

一般的にクラミジアの保菌者と性行為をした場合、その日から1~3週間ぐらいで体に何らかの症状が出てき始めます。もちろん潜伏期間はひとそれぞれで変わってきますから、もう少し遅い場合も十分にありうるでしょう。そこでもしクラミジア感染したかもしれないと思った時は、過去1ヶ月前まで性交渉の相手をチェックしてみる必要があります。

クラミジア感染症の治療

クラミジアのような感染症は、一度感染してしまうと自然治癒することはなく、放置してしまうとどんどんと症状が悪化していってしまいます。 クラミジアは自覚症状が現れにくく、痛みなどもないため感染初期状態ではなかなか気づくことは出来ません。クラミジア感染が進行していくと、男女共に不妊症になる恐れがあります。

専門クリニックではクラミジアの即日検査が可能

性病の中でも最も発症が多いのがクラミジアです。クラミジア菌は生命力が弱く、空気感染や間接的な感染はほとんどありません。しかし感染力が高く、粘膜同士が触れるセックスやオーラルセックスなどで感染してしまいます。 潜状期間が約1週間~3週間と短く発症が早いのですが、自覚症状が現れにくいといった特徴もあります。

クラミジアは他の性病と違って母子感染はしない

妊娠中にクラミジアに感染していることが発覚して、真っ先に心配になるのは母子感染です。クラミジアは性感染症なので膣や子宮だけでなく、胎児にも悪影響があることが懸念されるのはもっともでしょう。性感染症は、日本産婦人科の医学会によって胎内感染、分娩時感染、経母乳感染の3種類に分類されています。胎内感染は細菌やウイルスが胎盤を通して胎児へ感染することです。

クラミジアは自然に治ることはない

自覚症状が少なく、自分が感染していることに気づかないこともよくあるクラミジアですが、放置していれば自然に治るという考えは危険です。クラミジアの治療を受けなくても、風邪薬などに含まれる抗生物質が知らないうちにたまたまクラミジアを治している可能性もあります。自然治癒することはないと断言する医療関係者もいます。

クラミジアの治し方

以前は今ほどクラミジアは注目されていませんでした。30年ほど前までは梅毒や淋病といった重い症状の性病が多かったため、症状の軽いクラミジアは原因不明や軽度の尿道炎として処理されていたのです。早期に発見して抗生物質を投与すれば短期間で完治するので、クラミジアの治し方としては違和感を感じたら早めに病院を受診することです。

クラミジアの検査方法

クラミジアの疑いがある方は、一度性病専門のクリニックで検査を受ける様におすすめします。検査は至って簡単です。病院で主に行われているクラミジアの検査方法として血液検査があります。採血をして血液中の成分検査によってクラミジア菌の有無をチェックする方法です。この時に梅毒や性器ヘルペスなども一緒に分かります。また尿検査もあります。

クラミジアはお風呂で感染するの?

クラミジア感染症がうつる原因となるのが、「性行為」です。クラミジア菌はセックスやオーラルセックス、ディープキスなどで粘膜同士が触れることで感染します。また、クラミジア菌は感染力が強いが、生命力は弱いため人間の粘膜を離れてしまうとすぐに死滅してしまいます。

クラミジア感染症について

クラミジア感染症について一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。クラミジア感染症は性病の中でも最も多い感染症のひとつで、男女問わず感染します。クラミジア感染症は自覚症状が現れにくく、感染を気づきにくい性病としても知られています。