記事一覧一覧

クラミジア治療薬アジスロマイシン

性病クラミジアの治療薬としてもっとも効果があるとされているのがジスロマックという抗生薬で、原因菌クラミジア・トラスコマティスを殺菌する作用の高いアジスロマイシンを主成分にしています。この抗生物質アジスロマイシンはマクロライド系の成分で副作用が弱いという点もメリットです。

クラミジアの症状

クラミジアという名前を聞いたことはありませんか?実は日本では最も感染者数の多い性感染症で、自覚症状が少なくて知らないうちに発症してしまう厄介な病気なのです。またクラミジアは男性と女性の両方に感染しますが、特に女性の場合は不妊症の原因になっている事が多く、子宝に恵まれないとの悩みがある場合は、専門クリニックなどで診察をする方が良いかも知れません。

クラミジア治療のニューキノロン系薬

クラミジアに感染したときは、おもに抗生物質の服用で治療します。抗生物質でクラミジアが治療できる確率は非常に高く、多くの人が1~2週間ほどで完治するとされています。ここでは、クラミジアの治療に用いられる抗生物質の一つ、ニューキノロン系の薬について見てみましょう。

クラミジア治療のテトラサイクリンとは

クラミジアの治療で用いられるテトラサイクリンとは、抗生物質の種類のことです。病院で医師が処方する抗生物質は、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキロノン系の3種類のうちのどれかです。

クラミジアの合併症は

クラミジアの細菌は、生きた細胞内で増殖していく特殊な微生物で、女性の場合には主に膣の入り口に取り付いて、徐々に体内に侵入していきます。当初は子宮頸管炎を発症し、痛みやおりものの異常が発生することがあります。このときには、まだ自覚症状がほとんどありません。パートナーの男性の発病から発覚することが多くあります。

クラミジア治療と治療費の目安

クラミジア治療で処方される抗生物質は『マクロライド系』『キノロン系』『テトラライクリン系』と3種類ほどあります。これらは感染部位や症状で使い分けられるのです。クラミジア用の抗生物質の治療には、一度に大量(1000~2000mg)の成分を体内摂取させる必要があります。

喉がクラミジアに感染しても風邪と間違う

咽頭クラミジアに感染する原因として、オーラルセックス(口を使った性行為)や保菌者とのディープキスが考えられます。ですから性器に感染がある場合は喉もチェックが必要なのです。一般的に咽頭クラミジアは自覚症状の少ない感染病で、しかも風邪と似た症状のために見過ごされてしまう危険があります。

クラミジア治療でジスロマックを飲んで下痢に

薬は副作用がある場合もありますが、ジスロマックの場合も副作用がないわけではありません。下痢を起こしてしまう可能性があります。ジスロマックはアジスロマイシンが主成分となっている抗生物質です。薬が効いている間は病気の病原菌の他にも整腸作用のある菌も増殖も抑えてしまうので、腸の蠕動運動も強まってしまうのです。

クラミジアはフラジールでは治りません。ジスロマックで治します。

クラミジアが心配で病院に行って、フラジール膣錠を処方されるというケースがあります。しかし、フラジール膣錠はクラミジアの治療薬ではありません。クラミジアはジスロマックなど抗生物質で治療します。フラジール膣錠とはトリコモナス症の治療薬として使われてきました。フラジール膣錠の主成分であるメトロニダゾールが、トリコモナス原虫を死滅させます。

クラミジアでリンパ節の腫れが

セックスじゃなくてもフェラチオやディープキスで性病にかかることがあるといいます。特にクラミジアという性感染症はそういう行為で感染しやすく、感染者は日本に100万人以上いると知って驚きました。

クラミジア治療と特効薬は?

日本で最も多い性病として挙げられているクラミジア感染症の治療は、抗生薬を用いて治療を行います。クラミジア治療薬として使用される薬には「アジスロマイシン」、「クラビット」、「クラリスロマイシン」、「エリスロマイシン」などがあります。治療薬の効果はどれもほとんど変わりませんが、持続性と効力が薬によって多少異なります。

咽頭クラミジアで喉が痛い症状が

咽頭クラミジアとは、名前の通り喉にクラミジア・トラコマティス菌が感染して発症する性病です。性病というと、普通は性器がかかるものを思われがちですが、クラミジアの場合には喉にも感染します。クラミジアの細菌は粘膜から粘膜に感染していくものです。そのため、オーラルセックスによって感染します。

結膜炎とクラミジアの点眼薬とは

結膜炎は目の中や周囲に症状が出る眼病で、主にアレルギー性とウイルス性の2種類があります。アレルギー性結膜炎の代表が花粉症です。ウイルス性の結膜炎には、「はやり目」と言われるものが代表的で、目ヤミや充血などの症状が出ます。一方、クラミジア結膜炎は、性病であるクラミジアの細菌が目に入って感染します。

パートナー間で感染しあうのをピンポン感染と言う

コンドームを使わないセックスでは50%以上の確率で相手に感染するほど、クラミジアは感染力の高い性病です。クラミジアにかかって自分は治っても、性的関係にある人にうつしていたら、また自分が感染することがあります。これをクラミジア感染スパイラルやピンポン感染と呼びます。

オーラルセックスによって口にクラミジアが感染する

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症しますが、この細菌は粘膜にだけ住み着くという性質があります。乾いた場所ではすぐに死滅するほど弱いものですが、感染力は高く、保菌者と性交渉をすると約50%の確率で感染します。

クラミジアにジスロマック

クラミジアの治療薬として良く用いられる薬がジスロマックです。特効薬とも言われており、短期間で高い効果を発揮します。成分はアジスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、ジスロマックという名称はファイザー製薬が付けた名称です。日本の性病のなかで最も感染者が多いと言われているクラミジアだけでなく、歯周病などの細菌がかかわる病気の治療薬です。

産婦人科医は女性が多いので女性患者が相談しやすい

性感染症の検査や治療は、泌尿器科や皮膚科、性病科などで受診することが可能です。男性であれば泌尿器科、女性は産婦人科を受診すると良いと言われています。若い人にとっては産婦人科に行くことに精神的なハードルを感じたり、そもそも妊娠していないのに受診して良いのかと悩んだりするかもしれません。

ゴム無しの性交でクラミジアに感染

クラミジアを始めとした性病は、粘膜から粘膜に感染します。クラミジア菌は粘膜に取り付いて、性器同士の接触によって感染していきます。ゴムなしで性行為を行うと、互いに粘膜をこすり合わせているようなものですから、感染のリスクは非常に高まります。良くある勘違いとして、男性が射精していなければ大丈夫というのがありますが、そういうわけにはいきません。

クラミジアは性器感染する

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因となる性病です。一般的に相手の粘膜に感染者の粘膜や体液が接触することで感染します。感染するのは男性であれば尿道の粘膜、女性であれば子宮頸部と呼ばれる膣の奥の部分にある粘膜です。感染する力が強い細菌で、保菌者とセックスすると50%以上の確率でうつります。

クラミジアが進行すると下腹部痛が出る

クラミジアは男性にも女性にもかかる性病です。多くは性行為によって性器の粘膜にクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症します。クラミジアの特徴として、男性の場合には排尿時の痛みがあって、尿道にかゆみが出るという典型的な性病の症状が発生しますが、女性の場合には無症状が多いという点です。