記事一覧一覧

クラミジアの予防対策

クラミジアは日本人に最も多い性感染症です。自覚症状が出にくい病気ですが、放置するとHIVへの感染や不妊症などにつながる恐れもあります。また、知らないうちに他人に感染させてしまうこともよくある病気です。クラミジアは性行為によって感染する病気ですので、最大の予防対策は性行為を行わないことです。

クラミジアトラコマチスとは

クラミジアトラコマチスとは、クラミジア感染症という日本で最も感染者数の多い性感染症の病原体です。クラミジア感染症の治療は、抗生物質で病原体のクラミジアトラコマチスを死滅させることで行います。 クラミジアトラコマチスが尿路や性器に侵入すると、そこから感染が広がり体内で炎症を起こします。

出産の感染を防ぐために妊婦は検査を受けよう

妊婦がクラミジアに感染していると、子宮口に菌が増殖していきます。妊娠によって形成される羊膜にまで菌が侵入していくと、破水・前期破水を引き起こします。はクラミジアの自覚症状が少ないため、気が付きにくいです。クラミジアに感染したまま、無自覚に妊娠・出産してしまうケースは妊婦の年齢が低いほと多い傾向があります。

クラミジアの感染と再発率に注意

クラミジアは、性交渉によって原因となるクラミジア・トラコマティスが男性の尿道、女性の膣や子宮などに感染することで引き起こされる性病です。性交渉においては、コンドームの使用によって感染するリスクは大幅に下がりますが、コンドームを使用しないセックス、またフェラチオやクンニリングスによっても感染します。最も身近な性病と言われています。

クラミジアとトリコモナスの違い

女性の性感染症で多いのがクラミジアとトリコモナスです。どちらも自覚症状が出にくく、出たとしてもおりものの量やにおいに変化がある程度なのでなかなかそれと気づきにくいのですが、放置しておくと症状はどんどん悪化します。クラミジアとトリコモナスはまったく別物ですので、治療法も異なることに注意が必要です。

クラミジアはゴムをすれば予防できますか?

クラミジアはゴムをすれば予防できますか?ゴムやコンドームと呼ばれる男性のペニスに装着する避妊具は、クラミジアだけでなく、ほぼすべての性感染症の予防に効果があります。クラミジアの場合、性器の接触による性器感染が最も多いので、予防にはゴムやコンドームの使用はおすすめできる方法です。

クラミジアとは

クラミジアとは、性病のなかでも最も感染者数が多いと言われるのがクラミジアです。日本にはおよそ100万人のクラミジア感染者がいると言われ、10~20代の若い世代を中心に広がっています。男性・女性とも自覚症状があまりなく、感染していることに気づかないままパートナーをも感染させてしまうことが多いです。

クラミジアってどんな性病?

クラミジアは性病で、性行為で感染します。トラコマティスと云う細菌が原因で発症し、自覚症状が出にくい特徴があります。放置しても治らないので抗菌剤、抗生物質で治療しましょう。