クラミジアとは一覧

クラミジア感染症について

クラミジア感染症について一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。クラミジア感染症は性病の中でも最も多い感染症のひとつで、男女問わず感染します。クラミジア感染症は自覚症状が現れにくく、感染を気づきにくい性病としても知られています。

クラミジアは細菌、カンジダはカビである

クラミジアとカンジダ症は似た症状が出るため、混同されがちです。カンジダ症だと思って放置していたら、実はクラミジアで、相当進行してしまったいたということもあります。似ているのは、両方とも陰部にかゆみが生じることと、おりものに変化が出ることです。

クラミジアトラコマチスとは

クラミジアトラコマチスとは、クラミジア感染症という日本で最も感染者数の多い性感染症の病原体です。クラミジア感染症の治療は、抗生物質で病原体のクラミジアトラコマチスを死滅させることで行います。 クラミジアトラコマチスが尿路や性器に侵入すると、そこから感染が広がり体内で炎症を起こします。

クラミジアとは

クラミジアとは、性病のなかでも最も感染者数が多いと言われるのがクラミジアです。日本にはおよそ100万人のクラミジア感染者がいると言われ、10~20代の若い世代を中心に広がっています。男性・女性とも自覚症状があまりなく、感染していることに気づかないままパートナーをも感染させてしまうことが多いです。

クラミジアってどんな性病?

クラミジアは性病で、性行為で感染します。トラコマティスと云う細菌が原因で発症し、自覚症状が出にくい特徴があります。放置しても治らないので抗菌剤、抗生物質で治療しましょう。