治療薬(抗生物質)一覧

アモキシシリンは並行輸入で入手できる

梅毒や淋病、クラミジアなどの性病には抗生物質が効果を発揮します。抗生物質には5種類ありますが、アモキシシリンはペニシリン系のもので、細菌の外側の壁の合成を阻害して細菌の活動を抑制して感染を治す働きがあります。アモキシシリンは梅毒の治療薬として知られていますが、そのほかに歯周病や十二指腸潰瘍、皮膚感染症にも効果があることで知られています。 ピロリ菌の感染症にも効果があります。

内服薬ジスロマックとは

内服薬のジスロマックには錠剤があります。錠剤の場合には、主成分となっているアジスロマイシンの量により250ミリグラムや500ミリグラム、1000ミリグラムとがあります。一般的な飲み方としては、なるべく決まった時間にジスロマック(アジスロマイシン)500ミリグラムを1日1回3日間続けて服用することとなります。

クラミジアは抗生物質で完治する

クラミジアで陽性反応が出た場合、一般的には男性であれ女性であれ、抗生物質を投与することになります。クラミジアにも数種類あるため、それに合わせて薬を選択します。マクロライド系やニューキロン系といった薬を使うことになります。ジスロマックという特効薬と言われるものがあり、治療効果は確実に上がります。

ジスロマックは淋病にも効きます

マクロライド系の抗生物質に分類されるジスロマックは、淋病治療のために処方される薬ではなく、クラミジアやマイコプラズマなどの性病の治療薬として使われることが多い薬剤です。ジスロマックは基本的にはクラミジアの治療薬として使われますが、淋病の治療効果もあるため、軽度の淋病の場合には、ジスロマックを服用することで治る可能性もあります。

ジスロマックは個人輸入できます

ジスロマックは、個人輸入が合法となっています。地方厚生局に、輸入するのが営利目的ではない点が届け出をされていれば、250ミリグラムの錠剤に関しては、1度に60錠まで、600ミリグラムなら1度に30錠まで合法で個人輸入ができます。ジスロマックの分類は処方箋医薬品となっていて、分量は用法用量からすると、1ヶ月以内の分量なら輸入可能です。

ジスロマックは何の薬?

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質です。その殺菌作用によって、細菌による感染症の治療に使われています。主としてクラミジア感染症に有効なので、性感染症であるクラミジアの治療に使われるのですが、こちらの抗生物質はその他の症状に対しても用いられます。ジスロマックは歯周病の治療にも用いられます。

ジスロマックの飲み方とタイミング

ジスロマックは、クラミジア感染症の治療に特に効果があるとされている抗生物質です。クラミジア感染症を治療するための飲み方としては、成人であれば1000ミリグラムを1日1度服用するのみとなっています。250ミリグラムのジスロマックなら、4錠分を一気に服用しましょう。

ジスロマックの投与方法

ジスロマックには、飲み薬だけでなく『ジスロマック点滴静注用500mg』もあります。これは、アジスロマイシンとして500ミリグラムを1日に1度、2時間と言う時間をかけ点滴静注して投与するのです。この点滴は肺炎や骨盤内炎症性疾患に効果が期待できます。

ジスロマックの即効性

抗生物質は、服用してから3日ほど経過しても効果が感じられない場合には、無効であると考えられます。症状次第ではありますが、ジスロマックを1回飲んで1日から2日ほどで効果を感じられるので、クラミジア感染症への即効性はあるでしょう。まず、クラミジア感染症の治療は、症状の程度が軽ければ大変なものではありません。

ジスロマックの併用禁忌薬

ジスロマックはマクロライド系抗生物質に分類される薬で、他のマクロライド系薬剤と比べると、指定されている併用禁忌薬はなく、安全性はかなり高い薬です。風邪薬や胃薬などと併用してもそれほど副作用が出やすいという心配がないため、その点では安心できるでしょう。

ジスロマックと下痢の副作用

ジスロマックは持続性のある抗生物質で、3日間服用すると1週間は効果が持続するという特徴がありますが、もしも副作用が出た時には、体内に薬剤成分が残っている期間は副作用も出てしまうことが多いです。成人だと下痢の副作用が出ることはとても少ないのですが、年齢が低い赤ちゃんなどは下痢を起こしやすいと言われています。

ジスロマックとは

クラミジア感染症の治療において、使われる薬の代表とも言えるのが、ジスロマックです。ジスロマックは、病院処方のものを服用する手段もありますが、個人輸入も可能です。そして、細菌から起こる感染症に効果が得られる抗生物質です。マクロライド系抗菌薬に分類されて、細菌のタンパク質が合成されるのを抑制できるので、細菌が増えるのを抑えられるのです。

ジスロマックとサワシリンの違い

サワシリンは、風邪が悪化してしまったときなどの咽頭炎や気管支炎、肺炎、その他にも膀胱炎やヘリコバクターピロリ菌の除去などにも用いられます。ヘリコバクター・ピロリ感染症や扁桃炎、気管支炎などといった疾患の治療に適しているサワシリンですが、クラミジア感染症の治療に関しては該当しないことから、その点ではジスロマックと異なる点となります。

クラリスロマイシンは副作用が出にくい薬

クラリスロマイシンは、クラリスやクラリシッドなどの細菌感染症を治療する薬の成分です。これは抗生物質のひとつで、抗菌力が強く、クラミジアに対して高い効果を発揮します。クラミジアの治療に用いられる抗生物質で最も使用頻度が高いと言われています。特効薬と言われているジスロマックも、クラリスロマイシンと同じマクロライド系の抗生物質です。

クラミジア薬の種類は?

クラミジアの治療は、体内に侵入したクラミジア・トラコマティスという病原菌を死滅させることを目的に行います。治療はおもに薬剤で行われ、咽頭や性器に感染している場合は抗菌作用のある抗生剤、目に感染している場合は軟膏や目薬、感染が進行して子宮付属器炎を起こしている場合は点滴が用いられます。

クラミジア治療薬のレボフロキサシン

クラビットという名称で良く知られるクラミジア治療薬ですが、これは商品名で、一般的にはレボフロキサシンが正式名称です。ニューキノロン系と呼ばれる抗生物質で、細菌のコピーする力を阻害する働きがあります。レボフロキサシン250は成分を1錠につき250mg含有したものです。この薬は、500mg配合したものが最も汎用性が高い。

クラミジア治療薬のメイアクトとは

メイアクトはセフェム系の抗生物質です。セフェム系の抗生物質にはクラミジアの治療効果はないので、メイアクトがクラミジア治療薬という認識はまったくの誤りです。メイアクトは皮膚感染症、呼吸器感染症、婦人科感染症、泌尿器感染症などの治療薬として用いられます。

クラミジア治療薬のアジー(ジスロマックジェネリック)

クラミジアの治療薬であるマクロライド系抗生物質のジスロマックは、1回服用するだけでよい便利な薬です。そのジスロマックの後発医薬品がアジーであり、同じようにクラミジアに高い効果を示すことが期待されます。アジーはジスロマックの後発医薬品、つまり、ジェネリック医薬品です。

クラミジア治療薬アジスロマイシン

性病クラミジアの治療薬としてもっとも効果があるとされているのがジスロマックという抗生薬で、原因菌クラミジア・トラスコマティスを殺菌する作用の高いアジスロマイシンを主成分にしています。この抗生物質アジスロマイシンはマクロライド系の成分で副作用が弱いという点もメリットです。

クラミジア治療のニューキノロン系薬

クラミジアに感染したときは、おもに抗生物質の服用で治療します。抗生物質でクラミジアが治療できる確率は非常に高く、多くの人が1~2週間ほどで完治するとされています。ここでは、クラミジアの治療に用いられる抗生物質の一つ、ニューキノロン系の薬について見てみましょう。