治療薬(抗生物質)一覧

クラミジア治療のテトラサイクリンとは

クラミジアの治療で用いられるテトラサイクリンとは、抗生物質の種類のことです。病院で医師が処方する抗生物質は、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキロノン系の3種類のうちのどれかです。

クラミジア治療と治療費の目安

クラミジア治療で処方される抗生物質は『マクロライド系』『キノロン系』『テトラライクリン系』と3種類ほどあります。これらは感染部位や症状で使い分けられるのです。クラミジア用の抗生物質の治療には、一度に大量(1000~2000mg)の成分を体内摂取させる必要があります。

クラミジア治療でジスロマックを飲んで下痢に

薬は副作用がある場合もありますが、ジスロマックの場合も副作用がないわけではありません。下痢を起こしてしまう可能性があります。ジスロマックはアジスロマイシンが主成分となっている抗生物質です。薬が効いている間は病気の病原菌の他にも整腸作用のある菌も増殖も抑えてしまうので、腸の蠕動運動も強まってしまうのです。

クラミジアはフラジールでは治りません。ジスロマックで治します。

クラミジアが心配で病院に行って、フラジール膣錠を処方されるというケースがあります。しかし、フラジール膣錠はクラミジアの治療薬ではありません。クラミジアはジスロマックなど抗生物質で治療します。フラジール膣錠とはトリコモナス症の治療薬として使われてきました。フラジール膣錠の主成分であるメトロニダゾールが、トリコモナス原虫を死滅させます。

クラミジア治療と特効薬は?

日本で最も多い性病として挙げられているクラミジア感染症の治療は、抗生薬を用いて治療を行います。クラミジア治療薬として使用される薬には「アジスロマイシン」、「クラビット」、「クラリスロマイシン」、「エリスロマイシン」などがあります。治療薬の効果はどれもほとんど変わりませんが、持続性と効力が薬によって多少異なります。

結膜炎とクラミジアの点眼薬とは

結膜炎は目の中や周囲に症状が出る眼病で、主にアレルギー性とウイルス性の2種類があります。アレルギー性結膜炎の代表が花粉症です。ウイルス性の結膜炎には、「はやり目」と言われるものが代表的で、目ヤミや充血などの症状が出ます。一方、クラミジア結膜炎は、性病であるクラミジアの細菌が目に入って感染します。

NO IMAGE

クラミジアにジスロマック

クラミジアの治療薬として良く用いられる薬がジスロマックです。特効薬とも言われており、短期間で高い効果を発揮します。成分はアジスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、ジスロマックという名称はファイザー製薬が付けた名称です。日本の性病のなかで最も感染者が多いと言われているクラミジアだけでなく、歯周病などの細菌がかかわる病気の治療薬です。

NO IMAGE

クラビットとクラリスの違い

クラミジアの治療には通常、抗生物質や抗菌剤が使用されます。クラリスロマイシンを主成分とするクラリスは、マクロライド系の抗生物質として良く知られています。マクロライド系の抗生物質は、クラミジアの細菌の増殖を抑えるという効果があります。細菌そのものを死滅させるわけではなく、効き目はおだやかです。

NO IMAGE

クラビット500の特徴とジェネリック

クラビット500は、ニューキノロン系の合成抗菌剤です。多くの感染症の治療に用いられていて、クラミジア治療薬としても良く使われます。クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌に感染して発症する性病で、主に性器の粘膜に住みつきます。咽頭も粘膜であるため、クラミジアの細菌に侵されることがあります。