感染経路一覧

パートナー間で感染しあうのをピンポン感染と言う

コンドームを使わないセックスでは50%以上の確率で相手に感染するほど、クラミジアは感染力の高い性病です。クラミジアにかかって自分は治っても、性的関係にある人にうつしていたら、また自分が感染することがあります。これをクラミジア感染スパイラルやピンポン感染と呼びます。

ゴム無しの性交でクラミジアに感染

クラミジアを始めとした性病は、粘膜から粘膜に感染します。クラミジア菌は粘膜に取り付いて、性器同士の接触によって感染していきます。ゴムなしで性行為を行うと、互いに粘膜をこすり合わせているようなものですから、感染のリスクは非常に高まります。良くある勘違いとして、男性が射精していなければ大丈夫というのがありますが、そういうわけにはいきません。

クラミジアは性器感染する

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因となる性病です。一般的に相手の粘膜に感染者の粘膜や体液が接触することで感染します。感染するのは男性であれば尿道の粘膜、女性であれば子宮頸部と呼ばれる膣の奥の部分にある粘膜です。感染する力が強い細菌で、保菌者とセックスすると50%以上の確率でうつります。

クラミジアは粘膜の接触で感染する

性病の中でも一般的によく知られているのがクラミジアです。クラミジアは男女どちらにも感染する性病で、特に女性に多い性病としても知られています。クラミジアは症状が体に現れにくいといった特徴もあり、感染していることを症状で気づくことが難しい傾向にあります。感染に気づかず放置してしまうことで注意したいのが、エイズや淋病等への感染リスクが高まることです。

クラミジアは他の性病と違って母子感染はしない

妊娠中にクラミジアに感染していることが発覚して、真っ先に心配になるのは母子感染です。クラミジアは性感染症なので膣や子宮だけでなく、胎児にも悪影響があることが懸念されるのはもっともでしょう。性感染症は、日本産婦人科の医学会によって胎内感染、分娩時感染、経母乳感染の3種類に分類されています。胎内感染は細菌やウイルスが胎盤を通して胎児へ感染することです。

クラミジアはお風呂で感染するの?

クラミジア感染症がうつる原因となるのが、「性行為」です。クラミジア菌はセックスやオーラルセックス、ディープキスなどで粘膜同士が触れることで感染します。また、クラミジア菌は感染力が強いが、生命力は弱いため人間の粘膜を離れてしまうとすぐに死滅してしまいます。

クラミジアの口感染

性病のなかでもクラミジアの感染者は最も多いと言われています。感染経路は限られていますが、それでも感染者が多いのは自覚症状が薄いことと、クラミジア菌の感染力が高いためと推測されています。性行為で性器から性器へ感染するというのが主な感染経路ですが、近年多いのはオーラルセックスによる口感染です。

風俗店でクラミジアに感染しました

私はクラミジアにかかったことがあります。原因ははっきりとしていて、風俗店ですね。ソープランドで遊んで、そこでソープ嬢から感染したようです。付き合っていた彼女もいたんですが、遊びで行ってみたら見事にうつされました。自分の場合には、おしっこをしたときにちょっと痛かったんで、嫌な感じがしました。性病は怖いですからね。