妊娠との関係一覧

クラミジアは不妊症の原因にも

自覚症状が少なく感染していることに気づかない人も多いクラミジアですが、気づいたときには重症になっているケースもあるので決して軽視できません。場合によっては不妊症になることもあり得るので、早めの検査と治療が大切です。妊娠しにくいだけでなく、卵管を通過できない受精卵が子宮内膜の外に着床して子宮外妊娠になるリスクも高まります。

妊娠中のクラミジアの赤ちゃんへの影響

妊婦健診にはクラミジアの検査があります。妊娠中にクラミジアに感染していると、お腹の中の赤ちゃんに危険を及ぼすことがあるからです。健康な赤ちゃんを産むためにもクラミジアについて知っておきましょう。クラミジア感染症は性行為によって感染する病気で、性感染症のなかでは男女とも最も感染者が多いです。

出産の感染を防ぐために妊婦は検査を受けよう

妊婦がクラミジアに感染していると、子宮口に菌が増殖していきます。妊娠によって形成される羊膜にまで菌が侵入していくと、破水・前期破水を引き起こします。はクラミジアの自覚症状が少ないため、気が付きにくいです。クラミジアに感染したまま、無自覚に妊娠・出産してしまうケースは妊婦の年齢が低いほと多い傾向があります。