症状一覧

NO IMAGE

咽頭クラミジアは風邪の症状に似ている

咽頭クラミジアは、喉の粘膜に感染する性病です。喉に性病というのは奇妙に感じるかもしれませんが、感染経路は非常に多くあり、自覚症状が出ても気づかないままというケースが多数あります。喉に感染する性感染症はクラミジアだけでなく淋病もあります。咽頭クラミジアでは発熱はほとんど起きません。

NO IMAGE

クラミジアによる子宮頸管炎でおりもの異常が発生する

膣内に侵入したクラミジアが子宮の粘膜に感染すると、子宮頸管が炎症を起こして頸管の粘液が変化します。粘液の変化によって、たとえばおりものの臭いがきつくなり、黄色に変色することが多く見られる症状です。また、普段よりもおりものの量が増えます。おりものの状態が変化したことに気がつくには、健康なときの状態を知っておく必要があります。

NO IMAGE

ジスロマックと併用禁止薬は

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質ですが、マクロライド系の薬品にはいろいろなものがあり、その中には併用禁止薬が指定されているものがたくさんあります。しかしジスロマックの場合にはすでに併用禁忌が分かっている薬品はなく、他のマクロライド系抗生物質と比較すると安全性が高い薬と言えるでしょう。

NO IMAGE

男のクラミジアは排尿時の痛みが典型的な症状

クラミジアは自覚症状が薄い性病で、自分が感染したことに気が付きにくい病気です。特に初期症状は軽く、ちょっとした違和感がある程度というケースが多くあります。無症状の感染者が広まっていて、それを女性に感染させている可能性が非常に大きいと言えます。主な症状としては、排尿時の痛みがあります。

NO IMAGE

女性はクラミジアを放置すると卵管癒着を起こす

女性のクラミジアの特徴は、自覚症状が薄いということです。ほぼ無自覚なまま病気が進行するケースが非常に多い病気です。クラミジアの細菌は独特な増殖の仕方をします。生きた細胞のなかに侵入し、細胞内で分裂して増殖し、さらに細胞を破壊して細胞の外へ拡散して、他の細胞へと侵入していきます。

NO IMAGE

女性のクラミジアで不正出血が

クラミジアは症状が現れにくいといった特徴もあります。早期発見をするためには、まずクラミジアの主な症状について把握しておくことが大切です。 まず一つ目は「おりものの増加」です。クラミジアは女性の場合、子宮頚管に感染し炎症を引き起こします。その後、徐々に腹腔内に感染が進行してしまうため、おりものの増加といった症状が出ます。

NO IMAGE

クラミジア要因の尿道炎で血尿が出る

ラミジアは性器感染する病気ですので、尿に血が混じることがあります。クラミジアは感染した当初はほとんど自覚症状がありません。女性の約80%は自覚症状がないというデータもあります。自覚症状がないまま進行していくので、そういった意味では厄介な病気です。症状が進行すると尿道に炎症が発生します。

NO IMAGE

クラミジア肺炎って?

クラミジア肺炎とは、クラミジアと呼ばれる病原体が原因となり起こる肺炎のことをいいます。肺や気管支等にクラミジアが感染することで発症します。このクラミジア肺炎には原因となる病原体が2つ存在し、病原体によって感染経路や症状などが異なります。

NO IMAGE

クラミジアは感染しても無症状が多い

クラミジアの特徴として、症状が出にくいか、出ても軽度である点が挙げられます。また、近年の調査では無症状の人も多いことが報告されています。感染者であるのに症状なしなので、まったく気にせずセックスを楽しんでいることがあるのです。女性でも男性でも、次々に感染が拡大していく傾向があります。男性にも無症状の感染者はいますが、特に女性に多いと言われています。

NO IMAGE

クラミジアはずっと無症状の場合も

クラミジアは自覚症状が現れにくい性病です。男性もあまり症状が出ないことが多いですが、排尿時の痛みや白っぽい膿が出てくることがあり、典型的な性病の症状であるため、女性よりも発覚しやすい傾向があります。逆に女性の場合には、こういった症状が出にくく、データによると感染した女性の約80%は症状が出ません。不安のある人はまず検査を受けてみましょう。

NO IMAGE

クラミジアの症状

クラミジアという名前を聞いたことはありませんか?実は日本では最も感染者数の多い性感染症で、自覚症状が少なくて知らないうちに発症してしまう厄介な病気なのです。またクラミジアは男性と女性の両方に感染しますが、特に女性の場合は不妊症の原因になっている事が多く、子宝に恵まれないとの悩みがある場合は、専門クリニックなどで診察をする方が良いかも知れません。

NO IMAGE

クラミジアの合併症は

クラミジアの細菌は、生きた細胞内で増殖していく特殊な微生物で、女性の場合には主に膣の入り口に取り付いて、徐々に体内に侵入していきます。当初は子宮頸管炎を発症し、痛みやおりものの異常が発生することがあります。このときには、まだ自覚症状がほとんどありません。パートナーの男性の発病から発覚することが多くあります。

NO IMAGE

喉がクラミジアに感染しても風邪と間違う

咽頭クラミジアに感染する原因として、オーラルセックス(口を使った性行為)や保菌者とのディープキスが考えられます。ですから性器に感染がある場合は喉もチェックが必要なのです。一般的に咽頭クラミジアは自覚症状の少ない感染病で、しかも風邪と似た症状のために見過ごされてしまう危険があります。

NO IMAGE

クラミジアでリンパ節の腫れが

セックスじゃなくてもフェラチオやディープキスで性病にかかることがあるといいます。特にクラミジアという性感染症はそういう行為で感染しやすく、感染者は日本に100万人以上いると知って驚きました。

NO IMAGE

咽頭クラミジアで喉が痛い症状が

咽頭クラミジアとは、名前の通り喉にクラミジア・トラコマティス菌が感染して発症する性病です。性病というと、普通は性器がかかるものを思われがちですが、クラミジアの場合には喉にも感染します。クラミジアの細菌は粘膜から粘膜に感染していくものです。そのため、オーラルセックスによって感染します。

NO IMAGE

オーラルセックスによって口にクラミジアが感染する

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症しますが、この細菌は粘膜にだけ住み着くという性質があります。乾いた場所ではすぐに死滅するほど弱いものですが、感染力は高く、保菌者と性交渉をすると約50%の確率で感染します。

NO IMAGE

クラミジアが進行すると下腹部痛が出る

クラミジアは男性にも女性にもかかる性病です。多くは性行為によって性器の粘膜にクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症します。クラミジアの特徴として、男性の場合には排尿時の痛みがあって、尿道にかゆみが出るという典型的な性病の症状が発生しますが、女性の場合には無症状が多いという点です。