治療方法一覧

NO IMAGE

咽頭クラミジアの症状と治療法

咽頭クラミジアは喉の粘膜にクラミジアの細菌が感染して発症します。オーラルセックスやディープキスでも感染し、症状は風邪に似ています。治療にはジスロマックの服用で治します。

産婦人科医は女性が多いので女性患者が相談しやすい

性感染症の検査や治療は、泌尿器科や皮膚科、性病科などで受診することが可能です。男性であれば泌尿器科、女性は産婦人科を受診すると良いと言われています。若い人にとっては産婦人科に行くことに精神的なハードルを感じたり、そもそも妊娠していないのに受診して良いのかと悩んだりするかもしれません。

クラミジア治療中のアルコールは?

性病専門のクリニックでは、クラミジアの治療中に飲酒を控える様にしっかりとアドバイスをするものです。これは抗生物質による投薬治療では一般的なアドバイスで、何もクラミジア治療に限った事ではありません。体内にアルコールが入る事で一時的にせよ血管拡張作用が生じ、血流がアップして炎症部分に悪影響をもたらすからです。

クラミジア感染症の治療

クラミジアのような感染症は、一度感染してしまうと自然治癒することはなく、放置してしまうとどんどんと症状が悪化していってしまいます。 クラミジアは自覚症状が現れにくく、痛みなどもないため感染初期状態ではなかなか気づくことは出来ません。クラミジア感染が進行していくと、男女共に不妊症になる恐れがあります。

クラミジアは自然に治ることはない

自覚症状が少なく、自分が感染していることに気づかないこともよくあるクラミジアですが、放置していれば自然に治るという考えは危険です。クラミジアの治療を受けなくても、風邪薬などに含まれる抗生物質が知らないうちにたまたまクラミジアを治している可能性もあります。自然治癒することはないと断言する医療関係者もいます。

クラミジアの治し方

以前は今ほどクラミジアは注目されていませんでした。30年ほど前までは梅毒や淋病といった重い症状の性病が多かったため、症状の軽いクラミジアは原因不明や軽度の尿道炎として処理されていたのです。早期に発見して抗生物質を投与すれば短期間で完治するので、クラミジアの治し方としては違和感を感じたら早めに病院を受診することです。