クラミジアトラコマチスとは

クラミジアの原因菌と粘膜で感染する病原菌

クラミジアトラコマチスとは、クラミジア感染症という日本で最も感染者数の多い性感染症の病原体です。クラミジア感染症の治療は、抗生物質で病原体のクラミジアトラコマチスを死滅させることで行います。

治療薬はアジスロマイシン配合のジスロマックです。当薬にはアジー(Azee 1000mg)と言うジェネリック薬も購入できます。

クラミジアトラコマチスは、直径約300nmという目に見えない小さな微生物です。宿主の細胞でのみ増殖するというウイルスのような性質と、DNAとRNAを持つという細菌のような性質を両方持っているのが大きな特徴です。今ではもっぱら性感染症の病原体として知られていますが、以前はトラコーマや慢性角結膜炎の病原体としても知られていました。

このクラミジアトラコマチスが尿路や性器に侵入すると、そこから感染が広がり体内で炎症を起こします。男性なら尿道、女性なら膣がおもな感染場所ですが、目や口など粘膜のあるところなら感染する病原菌です。

クラミジア感染症の感染経路

クラミジア感染症のおもな感染原因は性行為です。粘膜が触れ合う行為で感染するため、ペニスを膣に挿入するセックスはもちろん、アナルセックスでも感染しますし、フェラチオやクンニリングスのようなオーラルセックスでも感染します。

軽いキス程度なら感染することはほとんどありませんが、感染者とディープキスをすれば、感染する確率はかなり高くなるでしょう。ですから、感染を予防するには、感染者と性行為を持たないのがいちばんです。とはいえ、自覚症状の少ないクラミジアですから、それと知らずに感染者と性行為を持って自分も感染するということはよくあります。

ですので、クラミジアを予防するには、第一に不特定多数と性行為を持たないこと、そして、パートナーとの性行為ではコンドームを装着して粘膜同士が触れ合わないようにすることです。

感染を拡大させないために

クラミジア感染症は性行為で感染します。粘膜を介して感染する微生物なので、セックスだけでなくキスやオーラルセックス、アナルセックスでも感染することが知られています。男性では尿道、女性では膣内に感染することが多いですが、のどや目にも感染することがあるため、感染者とのディープキスには要注意です。

クラミジアトラコマチスに感染しても、男女ともあまり自覚症状がありません。そのため治療が遅れることの多い感染症なのですが、進行すると体内に炎症が広がり、また、ほかの性感染症やHIVに感染する確率も高くなり、不妊などの原因にもなってしまいます。抗生物質によって比較的短期間に完治できる感染症ですので、おかしいと感じたらすぐに性病科や泌尿器科を受診しましょう。また、パートナーが変わったときは、お互いの安全のため一緒に検査を受けることをおすすめします。
クラミジア感染症は性行為によって感染する病気ですから、性行為を一切しなければ確実に防げます。それが無理なら、コンドームを正しく装着して、セックスだけでなくオーラルやアナルも粘膜同士が触れない

クラミジア・トラコマティスの正体

クラミジア・トラコマティスとは、約300nmの直径を持つ球形の微生物です。ウイルスと同じく宿主の細胞で増殖する性質を持っていますが、細菌と同じくDNAとRNAを持っており、ウイルスと細菌の中間的な性質の微生物と言えます。

かつては眼病のトラコーマや性病の鼠径リンパ肉芽腫の病原体として有名でしたが、今ではどちらも先進国ではほとんど見られない病気で、日本ではもっぱら尿路や性器に感染して起こるクラミジア感染症の病原体として注目されています。

クラミジアに感染すると

クラミジア感染症は、通常、感染から数週間で発症しますが、発症してもその症状が感じられにくいという特徴があります。男性の場合、尿道から膿が出たり痛みを伴ったりすることがあるので、自分でそれと気づいて早めに治療できる場合もありますが、女性の場合、おりものの量が増える程度で男性よりも自覚症状に乏しいため、放置されることが多いです。

放置していても自然治癒はないため、クラミジア・トラコマティスが体内深くに侵入すると、男性では前立腺炎、精巣上体炎、腎炎、肝炎、女性では子宮頚管炎、子宮内膜炎、卵管炎から、進んでいくと骨盤腹膜炎や肝周囲炎、また卵巣炎などをも引き起こし、不妊や子宮外妊娠の原因になる場合もあります。

また、絨毛膜羊膜炎になると流産や早産にもつながりますし、産道に感染していると胎児が出生時に感染して生まれてくることもあるので、女性の場合は特に注意が必要です。なお、男女ともクラミジアに感染していることによって、HIVやほかの性感染症に感染する確率が劇的に高まることが分かっています。

自覚しにくい

性感染症のなかでも圧倒的に患者数が多いクラミジアは、誰でも感染し得る病気です。それだけ感染しやすい病気ということですので、その特徴や症状について正しい知識を持っておきましょう。

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌による感染症で、自覚症状がほとんどないことが大きな特徴です。そのため、10~20代の若い世代を中心に感染者数が増加しており、日本には100万人以上の感染者がいると言います。クラミジアは性器の病気という認識がありますが、のどに感染する咽頭クラミジアもあります。男性と女性で症状の表れ方に違いがありますが、男女ともまったく症状が表れないことも多く、放っておくと重篤な病気につながる危険性があります。

女性の症状

クラミジアが女性に感染すると、1~3週間の潜伏期間ののち、おりものの臭いや量の増加という症状が表れることがあります。頻尿になったり残尿感があったりすることもあり、膀胱炎につながることもあります。ただし、感染者の約8割は何の症状も感じません。

症状が表れてもそれほど重いものではないので、自分がクラミジアに感染していることに気づかず、放置しているうちにどんどん進行し、ほかの重篤な病気を引き起こすこともあります。女性の場合、性器だけでなくフェラチオでのどに感染することも多く、こちらものどの痛みや腫れという症状が出ることはあるものの、大半の人が症状を自覚しません。

男性の症状

男性が感染した場合、潜伏期間は女性と同じく1~3週間で、尿道の違和感、かゆみや軽い痛み、腫れや膿などの症状が表れることがあります。しかし、男性の場合もほとんど症状が出ないという人が大半で、知らない間に病気が進行してしまう危険性が高いです。女性に比べると咽頭クラミジアの感染者は少ないですが、クンニリングスなどオーラルセックスを行う場合は、女性と同じだけ感染するリスクは高まります。

クラミジアを放置すると

クラミジアが進行すると、女性の場合は子宮や卵管にまで炎症が及び、不妊症になることがあります。さらには骨盤内部に侵入して骨盤内腹膜炎を引き起こすこともあります。母体がクラミジアに感染していると、生まれてくる子どもが産道でクラミジアに感染することもあるので、早めの治療が必要です。

男性の場合も、放置していると前立腺炎や精巣上体炎などの病気になる危険性がありますし、性行為を行う相手を感染させることになるため、早めに抗生剤ジスロマックの服用で治療するべきです。