クラミジアは不妊症の原因にも

クラミジアが不妊症を引き起こす原因と対策

卵管の癒着や閉塞が原因

自覚症状が少なく感染していることに気づかない人も多いクラミジアですが、気づいたときには重症になっているケースもあるので決して軽視できません。場合によっては不妊症になることもあり得るので、早めの検査と治療が大切です。

クラミジアに感染しても、女性の約8割は特に自覚症状が出ません。しかし、膣内から侵入したクラミジアは1~3週間の潜伏期間を経て子宮頚管炎を発症します。この段階ではおりものの量が増えたり不正出血が表われたりといった軽い症状ですが、それが進行すると子宮や卵管にまで炎症が及ぶことがあります。

子宮内膜炎や卵管炎になると、そのために卵管の癒着や閉塞が起こり、受精卵や卵子が卵管を通過しにくくなってしまいます。これが、クラミジアが不妊症につながる理由です。また、妊娠しにくいだけでなく、卵管を通過できない受精卵が子宮内膜の外に着床して子宮外妊娠になるリスクも高まります。

男性のクラミジアも不妊症のリスクがある

また、クラミジアで不妊症のリスクが高まるのは女性のせいばかりではありません。男性がクラミジアに感染している場合も、同様に不妊症につながることがあります。男性がクラミジアに感染すると、前立腺や精巣上体に炎症が起こりますが、精子の通過する道が炎症で塞がってしまうと、無精子症などの男性不妊症になってしまいます。

過去の感染で不妊になることも

クラミジアによる不妊症は、過去の感染も原因になります。たとえ現在感染していないとしても、過去の感染で卵管などに癒着や閉塞が起こっている場合は、上で見たように不妊症や子宮外妊娠につながることがあるのです。

定期的な検査で早期の発見に努める

一度の感染で不妊症にまでなってしまうことはまれですが、クラミジアは自覚しにくいため、痛みを感じたときには炎症が広がってしまっており、不妊症にまでつながることもあり得ます。クラミジアが原因で不妊症になる確率は、一度の感染ごとに約20%高まると言います。

知らぬ間に何度も感染していて、卵管や卵管采にまでクラミジアの影響が及んでしまっているということもなくはないのです。自覚症状が少ないため自分で変化に気づきにくいですが、定期的な検査で早めの発見と治療を心がけてください。男性も同様ですので、ぜひパートナーと一緒に検査を受けましょう。

妊娠中のジスロマック服用は胎児に影響があるのか

妊娠中にジスロマックを服用することになったら

妊娠中に薬を飲むことになったらやはり赤ちゃんへの影響が心配です。飲む薬によっては赤ちゃんに影響が出るものもあるからです。妊娠中は自分で勝手に判断して薬を飲まずに、必ず医師に相談してから飲むとか、妊娠中でも飲める薬を処方してもらうようにしましょう。

妊娠中にいくら気をつけていても、何らかの感染症にかかる可能性はあります。感染症にかかったら抗生物質を飲むと良い効果があらわれるのですが、妊娠中だと飲めない抗生物質もあります。

抗生物質のジスロマックは、妊娠中に飲んでも赤ちゃんに影響はありません。

ジスロマックは風邪や肺炎などから、クラミジアや淋病といった性感染症にも処方される薬です。妊娠中にクラミジアに感染してしまったら、治療をしないと子宮頸管炎から絨毛膜羊膜炎に進行し、子宮収縮が起こって流産や早産の危険があります。

そうならないようにジスロマックを服用して治療することになります。妊娠中に薬を飲むことに抵抗があるかもしれませんが、この場合は飲んでおかないと後々大変なことになるので、必ず指示通りに飲むようにしましょう。

妊娠中にクラミジアを治療しなかったら

妊娠中にクラミジアの治療をしなかったらどうなるかですが、先ほども述べましたが子宮頸管炎から絨毛膜羊膜炎へ発展し、流産や早産の危険があります。

もし治療しないまま出産を迎えたとすると、新生児が産道を通る時にクラミジアに感染し、それによって結膜炎や肺炎を発症する可能性があります。赤ちゃんに対して安全性が高いと言われているジスロマックは、クラミジアの治療にとても有効なので、妊娠中でもきちんと服用して治療してしまいましょう。

ジスロマックを正しく飲めば完治

妊娠中でも安心して飲めるジスロマックは、クラミジアの治癒率が90%以上と言われています。

正しく飲めばほぼ確実に治癒するのです。また、ジスロマックは薬の飲み方も簡単です。クラミジアの場合は1回飲むだけで1週間から10日間効果が持続します。

ですから1回飲めばほぼ治ってしまうのでとても簡単に治療ができます。1日に何回も、何日間も飲み続けることなく治療出来ますので、きちんと薬を飲んで治療をして、安心して出産を迎えるようにしましょう。クラミジアは夫婦で感染していることが多いので、夫側も検査をしてもらい、もし保菌者であれば治療してしまうようにしましょう。