クラミジアの検査方法

性器クラミジア・咽頭クラミジアの検査は簡単です

クラミジアは専門のクリニックで検査しましょう

現在若い男女の間で急増しているクラミジアですが、自覚症状が低いために感染に気付かないで生活している人がたくさんいと言います。よくあるケースでは、不妊の夫婦が共にクラミジアに感染していたという話もあるのです。

そこでクラミジアの疑いがある方は、一度性病専門のクリニックで検査を受ける様におすすめします。検査は至って簡単です。病院で主に行われているクラミジアの検査方法として血液検査があります。採血をして血液中の成分検査によってクラミジア菌の有無をチェックする方法です。この時に梅毒や性器ヘルペスなども一緒に分かります。

また尿検査もあります。こちらは主に男性のクラミジア検査で利用される方法です。この検査ではクラミジアの他に淋病もチェックができます。また、おりもの検査も行われます。女性の性病チェックはこの方法がメインで、膣内から膣分泌液を採取してチェックします。

咽喉クラミジアは喉の粘膜検査でOK

オーラルセックスやデープキスによって喉にクラミジア菌が感染する事があります。これを咽喉クラミジアといって、性器クラミジアに感染している方は、こちらも一緒に検査するべきでしょう。咽喉クラミジアは喉粘膜から分泌液を採取して検査します。

この様にクラミジアの検査はそれ程面倒な事はありません。性病という事で恥ずかしい気持ちがあるでしょうが、放っておけば重症になる危険もありますから、早めにチェックをする様におすすめします。また感染に関する治療も抗生物質を投与するだけの簡単な治療ですので、通院などに時間をとられる心配もないでしょう。

クラミジアを放っておく事のリスク

では、クラミジアをそのまま放っておくとどうなってしまうのでしょうか?クラミジア菌はそれ程強い菌ではないので、健康体で免疫力のしっかりした方であれば、数年かかりますが自然治癒する病気です。しかし逆に体力低下やストレスなどで抵抗力が弱いと重症になる危険があるのです。

特に女性はクラミジアを放置してしまうと、卵管炎で受精卵の着床ができなくなって不妊に繋がるケースがあります。また妊娠中の方は胎児に感染する事も心配です。そしてクラミジア感染では、HIVへの感染率が普通の人の3~5倍も高まるといったデータもあり、放置するリスクは決して無視できないでしょう。

まずは調べよう

クラミジアは性感染症のなかでも最も患者数の多い病気です。感染者と性行為をすると、およそ50%の確率で感染します。自覚症状が比較的軽いので、見過ごされがちで、悪化させてしまうことも多く、おかしいと思ったらすぐに検査してもらいましょう。

検査方法にはいくつかの種類がありますが、できれば検査してすぐに結果が分かるほうが良いと思う人は多いでしょう。陽性ならすぐに治療を開始できます。検査当日に結果が分かるものを即日検査と言います。大型の病院には性病科を標榜している科目を持つところもありますが、女性であれば婦人科、男性なら泌尿器科で良いでしょう。

クラミジアの治療は行っていても、すべての病院で即日検査を行っているわけではないので、事前に調べておきましょう。性病の専門クリニックというのもあり、こういったところではほとんどが即日で結果が分かります。

クラミジア感染の陽性反応が出た場合は抗生物質ジスロマック(成分アジスロマイシン)を服用して治療できますので必要以上に心配する必要はありません。完治するまで性行為は絶対に控えなくてはいけません。

検査の流れ

クラミジアの検査は非常に簡単です。症状の問診があって、女性なら膣内の分泌液、男性なら尿を採取するだけで終わります。膣分泌液の採取は、長い綿棒を膣内に入れて内壁を軽くこすることで可能で、ほぼ痛みはありません。即日検査の場合には、当日の病院の混み具合にもよりますが、検査が終わって30分から1時間程度で結果が分かります。

費用もあまりかかりません。陽性であればすぐに投薬治療の診察に移ることがほとんどです。クラミジアは放置していても治りません。自然治癒ではなく、抗生物質によって治療します。抗生物質や抗菌剤は通常、医師の処方箋がなければ薬局で購入できません。必ず診察を受けて、医師の指導に従って薬を飲んでいきましょう。

検査に関する注意点

即日検査は、検査してすぐに結果が分かるというメリットはありますが、精度が低いというデメリットもあります。クリニックや病院によっては、即日ではなく翌日以降に結果が分かる方法を採っているところもあります。PDR法やSDA法という名称の検査方法では、精度は高いですが、結果は当日に出ることはほとんどありません。

病院によっては、これらの方法を推奨していて、感染を見逃さないようにしたいと公式のホームーページに記載しているところもあります。検査は、感染したと思われる日から2日から3日後に受けましょう。すぐに検査しても発覚しないことが多いです。また、感染したと思ったら、性行為は控えて下さい。検査を受けて、陰性反応が出るか、陽性反応では完治するまで性行為はしないようにしましょう。