専門クリニックではクラミジアの即日検査が可能

性器クラミジア男性の症状と検査方法

性病の中でも最も発症が多いのがクラミジアです。クラミジア菌は生命力が弱く、空気感染や間接的な感染はほとんどありません。しかし感染力が高く、粘膜同士が触れるセックスやオーラルセックスなどで感染してしまいます。

潜状期間が約1週間~3週間と短く発症が早いのですが、自覚症状が現れにくいといった特徴もあります。そのため、クラミジア感染していることを気づくことが出来ず症状が悪化してしまうケースが多いのです。クラミジアが進行する前に発見するためにも、クラミジア感染で現れる症状について把握しておく必要があります。

男性がクラミジアに感染してしまうと次のような症状が現れます。まず一つ目は「ペニスにかゆみ・違和感」が出ることです。性行為した数週間後、ペニスにかゆみや違和感を感じたらクラミジアの疑いがあります。

二つ目は「尿に白い膿が混ざる」です。クラミジアが進行してしまうと、尿道炎や前立腺炎などを引き起こしてしまいます。そのため、尿に膿が混じって出てくる場合があります。症状が出たらなるべく早く医師へ診てもらうようにしましょう。

クラミジアに感染しているかどうかを調べる男性の検査方法としては「尿」を調べます。尿を調べることでクラミジア感染の有無を調べることが出来ます。クラミジア検査は病院の秘尿器科や性病科などで受けることが可能です。

また、病院に直接行くのが恥ずかしいという方でも「クラミジア検査キット」で調べる方法があります。クラミジア検査キットとは自宅で誰にも知られることなく匿名で検査することが出来るもので、病院などと検査精度も同等です。

検査結果は電話やメール、郵送などで知ることが出来ます。クラミジア検査キットの使い方はとても簡単で、箱を開封したら尿を入れる容器に適量の尿を入れて配送するだけです。この方法で誰にも知られず匿名でクラミジア検査を受けることが出来ます。

男性の場合、クラミジア感染が進行してしまうと尿道炎や前立腺炎、血精液症、副睾丸炎などを引き起こしてしまいます。長くクラミジア感染を放置してしまうと、不妊症となるリスクが高まっていってしまいます。

そうならないためにも痛みやかゆみ、違和感を感じたらすぐにクラミジア検査を受けることが大切です。病院に行くのが恥ずかしいという方は、クラミジア検査キットを利用して調べることをオススメします。

陰性、陽性(感染している)に関わらず、自宅にクラミジアの治療薬ジスロマックを常備しておくと安心でしょう。

ジスロマックは淋病にも効果がありますので、尿道に違和感を感じたり、排尿時に痛みを感じる尿道炎の場合、いずれかが原因の尿道炎でもジスロマックで治療ができて安心です。

すぐに結果が分かる

クラミジアの検査は、男性であれば尿、女性であれば膣内の分泌物を採取することで行われます。検査そのものにはあまり時間がかかりませんが、スピード重視では精度が落ちます。クリニックや病院によっては、即日検査を行っているところもあります。

これは検査に行って尿の採取などを行って、問診などを受けて、30分から1時間ほどで結果が分かるというものです。どの病院やクリニックでも実施されているわけではありませんので、すぐに結果を知りたいという場合には、ホームーページなどで確認しましょう。

精度を高めるために、即日検査には応じないという病院もありますが、その分、正確性は高まります。性病には専門のクリニックもあり、クラミジアや梅毒などの検査をしていますが、こういったところでは即日検査というケースのほうが多いです。

匿名でも可能

専門クリニックでは、たとえば保険証を提示することなく、匿名の申告で検査を実施して、その結果を報告するというやり方を導入しているところもあります。受付で番号表を渡し、その番号で処理していく形式です。

血液を採取し、検査物である尿や膣分泌物をトイレなどで採取します。採取された検体はすぐその場で検査して、ネットや携帯電話で確認できるサービスを導入し、即日で結果が分かるところもあります。専門クリニックですので結果には信頼が置けるでしょう。

多くの専門病院は診察を匿名で実施しています。即日で検査の結果が分かり、男性の診療では男性スタッフが対応し、女性の診療では女性スタッフのみが対応するというサービスを提供しているところもありますから、公式サイトを確認してみましょう。

一部では不可能

クラミジアの検査に対して慎重な病院やクリニックも存在します。クラミジアには潜伏期間があり、人によってまちまちだからです。何かおかしいと感じても、まだ潜伏期間で陽性反応が出ないこともあります。また、検査そのものは早いほど精度が落ちます。

そのため、即日検査をしていない病院もありますので注意しましょう。性病は誰かに相談することのできない病気ですので、ネットが頼りになります。即日検査に対応していないところは、はっきりと記載していることが多いです。

心配であれば病院に確認してみましょう。男性は泌尿器科、女性は産婦人科に行くと良いでしょう。特に女性は、女性医師が多い産婦人科が適しています。女性医師であれば、相談もしやすいです。婦人科の女性医師はざっくばらんで話やすい医師が多く、治療もスムーズです。