クラミジアは粘膜の接触で感染する

クラミジアの症状・特徴と感染経路

性病の中でも一般的によく知られているのがクラミジアです。クラミジアは男女どちらにも感染する性病で、特に女性に多い性病としても知られています。クラミジアは症状が体に現れにくいといった特徴もあり、感染していることを症状で気づくことが難しい傾向にあります。

クラミジアの感染に気づかず放置してしまうことで注意したいのが、エイズや淋病等への感染リスクが高まることです。

特に女性の場合はクラミジアの感染が進行してしまうと子宮頚管炎や骨盤内腹膜炎を引き起こしてしまうため、不妊症や流産などといったリスクが生じてしまいます。それを防ぐためにも疑いがある方はなるべく早めに検査をすることが大切です。

クラミジアの大きな特徴として「感染しやすい」ことが挙げられます。感染する力がとても強く、性行為で粘膜同士が触れることにより感染してしまいます。

また、もう一つの特徴としては「潜状期間が短く、発症が早い」ことが挙げられます。しかし、クラミジアの発症が早いからといっても発見しやすいわけではありません。自覚症状が出にくいため気づかないうちに感染を広げてしまうケースが多くあります。特に女性の場合は症状が外部に出ないので、クラミジア菌が体内で長く残ってしまうことがあります。

感染力がとても強いクラミジア菌ですが、実は菌自体の生命力は弱く、人間の体を離れてしまうと死んでしまいます。そのため、空気感染や温泉・プール等での間接的な感染はゼロに等しく、ほとんどありません。つまり、クラミジアの感染は9割以上が性行為が原因によるものなのです。

クラミジア菌に感染してしまっている異性と性行為をし、粘膜同士が触れることにより感染してしまいます。また、オーラルセックス(フェラチオなど)でもクラミジアは感染してしまう可能性が高いので注意しましょう。もし、クラミジアに感染してしまった場合はパートナーにもクラミジアが発症してしまっているケースが多いので、2人同時の診察・治療をすることをオススメします。

クラミジアを予防するためにはコンドームを付けるのがとても効果的で、粘膜同士の接触を防ぐことが出来るのでクラミジア感染を防ぐことが出来ます。しかし、オーラルセックスでの感染には十分注意が必要です。どちらかが性行為後に異変を感じたら、パートナーにもそのことを報告し、一緒に病院でクラミジア検査・治療を受けるようにしましょう。

もしクラミジア感染が確認できた場合はすぐに抗生物質ジスロマックの服用で治療を開始します。1回1錠1000mgのお薬がありますので1回の服用で1週間弱で症状が完治します。

粘膜へ感染する

クラミジアの細菌は、クラミジア・トラコマティスと呼ばれるもので、ヒトの粘膜の細胞に寄生する性質があります。粘膜以外の場所で生き続けることができないほど弱い細菌で、タオルやお風呂などから感染することは非常にまれと言われています。

性病のなかには、たとえばコップの共用によって感染するものもあります。お風呂によっても感染したり、タオルの共用で感染したりしますが、クラミジアに関してはそういった心配は必要ありません。感染ルートとして最も多いのはコンドームを使わない性行為です。

性器同士の接触によって、粘膜から粘膜へ感染していきます。感染者の粘膜に住み着いているクラミジア・トラコマティスが相手の粘膜に取り付いて感染していくというのが、主な感染ルートです。

他の感染ルート

クラミジアは、実際に性器同士の接触がなくても感染します。たとえばオーラルセックスです。男性が女性にクンニリングスしても感染しますし、女性が男性にフェラチオしても感染します。

これを性行為と呼ぶかどうかは判断の分かれるところですが、たとえば風俗店で女性が男性に対するサービスとしてフェラチオを提供することは数多く行われています。

この場合の感染の仕方は、性器に感染した男性に対して口でサービスした女性の咽頭にクラミジアが感染し、それを別のお客さんである男性へのサービスで感染させてしまうことです。実際の性行為は行っていませんが、クラミジアの細菌は確実に広がっています。

ディープキスでも感染?

クラミジアは粘膜の接触によって感染するものですので、咽頭にクラミジアを持っている人が唾液の交換を伴うディープキスをすると、相手の咽頭にクラミジア菌が移動することになります。性感染症を専門とするクリニックのホームーページなどでは、ディープキスによる感染の疑いがあることが記載されています。

可能性としては薄いことが推測されますが、それでも理屈上は合っているため、性行為ではないキスによってクラミジアに感染することは可能です。咽頭クラミジアは自覚症状が薄く、風邪の症状に非常に似ているため、発覚しにくい厄介な性質があります。

風邪薬はいくら飲んでもクラミジアは治りませんし、どこかで気がつかない限り、発覚しません。喉に痛みがあり、風邪薬をいくら飲んでも効かないという場合には、検査を受けてみましょう。