ゴム無しの性交でクラミジアに感染

ゴムなしの性交では高い確率でクラミジアに感染する

ゴムなし感染のリスク

クラミジアを始めとした性病は、粘膜から粘膜に感染します。クラミジア菌は粘膜に取り付いて、性器同士の接触によって感染していきます。ゴムなしで性行為を行うと、互いに粘膜をこすり合わせているようなものですから、感染のリスクは非常に高まります。

良くある勘違いとして、男性が射精していなければ大丈夫というのがありますが、そういうわけにはいきません。射精をしなくても、男性は性器のすべりを良くするためのカウパー腺液を性交の最中に分泌します。この液のなかにクラミジア菌が含まれています。そのため、ゴムなしの性交では、感染のリスクは高いことには変わりません。

逆に女性が感染者であるときには、膣の分泌液に含まれるクラミジア菌が男性に感染します。ゴムなしの性行為では50%以上の確率で感染します。つまり、ゴムなしで感染者と2回性行為をした場合、ほぼ100%近く感染します。

ゴムの使用を心がける

性行為では、ゴムの使用の有無でクラミジアだけでなく他の性病の感染率が大きく変わってきます。ごくまれにキスなどで性病にかかることもありますが、確率ではかなり低いです。特に、クラミジア菌は粘膜を離れると簡単に死んでしまうため、ゴムの使用はクラミジア感染を防ぐために有効と言えます。

一般的に性病ではクラミジアが最も感染者が多いですが、今でも淋病や梅毒は根絶されていません。また、HIVという性病も相変わらず有効な治療方法もないまま今に至っています。こういった性病はゴムの使用によって感染を防げます。自分の身体を守る意味でも、性行為時はゴムを使用しましょう。特に相手が不特定多数の人は、必ず携帯しておいて使うようにしましょう。

もしそれでも感染して排尿痛や尿道の違和感などクラミジアが原因の尿道炎に感染した場合は迷わずジスロマックの服用で治療を開始します。性病科でからなず処方される抗生物質がアジスロマイシン成分配合の当薬となります。

男性は風俗店に注意

男性がクラミジアに感染するのは風俗店経由であることが多いと言われています。お店にもよりますが、サービスを受ける際にゴムやコンドームを使わないことは多くあり、それを受け入れている男性も数多くいます。

風俗店には、女性が口でサービスを行う店も多くあります。クラミジアは粘膜に住みつきますので、女性の咽頭に感染することもあります。咽頭にクラミジア菌を持っている女性から、口によるサービスをされた場合には性器感染します。

これも高い確率で感染していきます。クラミジアはいったん感染すると、自然治癒することはありません。感染した性器で女性と性行為すると、その女性に感染していきます。厚生労働省でも、口腔感染が広がっているとして注意喚起しています。

最も多い感染ルート

クラミジアは男性の尿道や女性の膣、子宮に感染する性病です。性感染症と呼ばれる病気で、たとえば梅毒や淋病の仲間です。最も多い感染ルートは、感染者との性行為で、フェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスによっても感染します。このときは咽頭に感染するため、咽頭クラミジアと呼ばれています。

咽頭クラミジアにかかっている人がオーラルセックスすると、相手の性器に感染します。粘膜から粘膜へと感染していく細菌で、身体を離れるとすぐに死滅するほど弱いですが、粘膜への感染力は強く、感染者と性行為をすると約50%の確率で感染するのです。

性行為でコンドームを使用すると感染率はぐっと下がるので、避妊のことも考えて、性行為ではコンドームを着用するようにしましょう。一般的には性行為で感染し、HIVのように食器やコップの共用やトイレやお風呂の共用では感染しないと言われています。

感染者は多い

クラミジアは性病のなかでも最も感染者が多いものとされており、男性も女性も、10代後半から20代の若者を中心に国内におよそ100万人の感染者がいると推測されています。自覚症状が現れにくい性病であるため、感染は拡大傾向にあると懸念されています。

男性は排尿時に痛みを感じたり、ペニスにかゆみがあったりなどの自覚症状が出ることがあり、これは典型的な性病の症状であることが知られているため、男性側から発覚することが多いとされています。

女性は自覚症状が薄いため、自分から気がつくことは少ない傾向です。パートナーが感染しており、性行為をコンドームなしで行ったことがある場合には、かなり高い確率で女性のほうも感染しています。どちらか一方だけが治療しても、また再感染することが多くあります。このピンポン感染によって、なかなか完治しないケースが多いため、検査も治療もパートナーとともに受けましょう。

放置しても治らない

クラミジアが厄介なのは、自覚症状が薄く、しかも治療をしない限り放置しても治らないことです。特に女性はおりものの量や色が変化する程度ですので、なかなか発覚しにくいという面があります。カップルのどちらかが放置していれば、2人とも悪化してしまうでしょう。

女性は不妊症や流産、新生児への悪影響が出るリスクが高まります。将来のことも考えて、おかしいと思ったら検査を受けましょう。誰にも知られずに検査するための検査キットもあります。いい加減なものではなく、信頼できる結果が出ます。