喉がクラミジアに感染しても風邪と間違う

咽喉クラミジアはどうやって感染するの?

喉にかゆみや痛みがある場合の注意点

喉がイガイガしたり、かゆくなったりした場合、だいたいの方が風邪やインフルエンザを心配する事でしょう。そこで内科の病院へ行って、簡単な問診を受けて注射をしてもらうかもしれません。ですが、ちょっと待ってください。

このケースでは性病菌の感染も心配する必要があります。最近若い世代で急増しているのが性病のクラミジアで、この菌は性器以外にも他の粘膜感染が起きる厄介な病気なのです。そこで今までとは違う方と性行為をした2~3週間後にこういった症状が出た場合は、この咽頭クラミジアを疑ってみてください。

そして性病の専門クリニックへ行って喉の粘膜検査をお願いすると良いでしょう。また喉に症状が無いとしても、性器にクラミジアの症状を見つけた場合も、必ず喉の検査を一緒にしてもらいましょう。

喉が痛くなる咽頭クラミジアの原因と症状

咽頭クラミジアに感染する原因として、オーラルセックス(口を使った性行為)や保菌者とのディープキスが考えられます。ですから性器に感染がある場合は喉もチェックが必要なのです。ただしクラミジア菌は弱い微生物で、プールや温泉などからの感染はほとんどありませんし、空気感染する事もないので安心してください。

つまり粘膜感染に気を付ければ多くのケースで大丈夫です。一般的に咽頭クラミジアは自覚症状の少ない感染病で、しかも風邪と似た症状のために見過ごされてしまう危険があります。そこで性行為後の数週間に喉の痛みや違和感が起こった場合や、喉やリンパ節の腫れや発熱、そして喉や口内にできものが見つかったら、万が一を考えて検診を受けてください。

咽頭クラミジアの対処法

咽頭クラミジアの予防方法は、不特定多数の人と性交渉をしない事が効果的です。またコンドームをちゃんと使用する事やオーラルセックスの後にはうがいをする事も好ましいでしょう。もちろん性行為の前に体を清潔にしておくのは予防になります。また症状を見つけた時は、すぐに専門病院へ行きましょう。

そこで行われる咽喉クラミジアの検査方法は粘膜検査・血液検査・尿検査があります。そして感染が分かったら、抗生物質での治療がなされます。適切な治療を受ければほとんど完治しますので、あまり深刻にならない様にしてください。ただし放置期間が長いと、他の組織・器官へ悪影響が出て2次被害になる事もありますので、くれぐれも早期発見をする様におすすめします。

クラミジアの治療にはジスロマックを服用しますので、風邪薬で治らない場合や咽頭クラミジアと確認されている場合は正しい抗生物質を服用しましょう。

口腔へのクラミジア感染

クラミジア感染症は日本で最も発症が多い性病として知られています。性器クラミジア感染症が発症してしまうと、エイズへの感染率が通常よりも大幅に上がってしまい、クラミジア感染症をそのまま放置してしまうと不妊症になってしまう危険性があります。性器クラミジア感染症はとても恐ろしい性感染症のひとつです。また、クラミジア感染症は性器以外にも発症することがあります。その感染箇所は喉です。喉へのクラミジア感染症は「咽喉クラミジア」と呼ばれています。

咽喉クラミジアはオーラルセックスやディープキスなどが原因で喉の粘膜へと感染してしまいます。特に女性の方が咽喉クラミジアが発症することが多く、主にフェラチオが原因で感染します。また、男性でもクンニリングスによって咽喉クラミジアを発症するケースがあります。クラミジア感染症は粘膜同士が触れることで感染するため、食べ物や飲み物での感染はほぼありません。

咽喉クラミジアの症状と予防

咽喉クラミジアが発症してしまうと「喉の腫れ」、「喉の痛み」、「発熱」、「首筋のリンパの腫れ」などの症状が現れます。これらの症状は咽喉炎や扁桃炎などと呼ばれます。咽喉クラミジアは自覚症状が現れないケースも多く、これらの症状は風邪に良く似ていて、咽喉クラミジアによる症状と区別がしにくい傾向にあります。

咽喉クラミジアは性器クラミジア感染症とは違い、放置してしまうことで症状が重くなることはありません。また、粘膜同士が触れ合わない限り、咽喉から自分の性器へとクラミジア菌が感染することはありません。しかし、咽喉クラミジアは感染源となってしまうので注意が必要です。そのため、咽喉クラミジアであってもそのまま放置せず、治療は早めに行うことが大切です。

オーラルセックスが原因の咽喉クラミジアを予防するためには、やはりコンドームを使用して粘膜同士の接触を防ぐことが一番の予防対策となります。少しでも喉への違和感や痛みを感じたら一度咽喉クラミジアであるかどうかを検査することにしましょう。

咽喉クラミジアに感染していることを気づかず、オーラルセックスやディープキスなどを行ってしまうとパートナーへ感染させてしまいます。また、どちらかにクラミジア感染症が発覚したら、パートナーにも感染している可能性が高くなるのでパートナーと一緒にクラミジア検査を受けるようにしましょう。

喉に感染する原因

クラミジアは粘膜から粘膜に感染します。近年多いとされているのが、咽頭クラミジアという病気です。これはオーラルセックスによって感染します。クラミジアに感染した性器との接触、女性は男性へのフェラチオ、男性は女性へのクンニリングスです。

オーラルセックスは若年層を中心に一般化しているものですので、男性器から女性の喉や口腔へ、女性から男性の喉や口腔への感染が増加しています。専門家によると、潜在しているものを含めて咽頭クラミジアや性器クラミジアの合計で、日本人の100万人以上が感染しているとされています。

多いとされているのが、風俗店に勤務している女性です。風俗店での性的サービスによって咽頭クラミジアに感染します。咽頭クラミジアに感染した女性とディープキスをしても感染すると言われており、感染の拡大が懸念されているのです。

風邪の症状に似ている

咽頭クラミジアも、性器と同様に症状が現れにくいです。そのため、感染しているのに本人が気がつかないというケースが非常に多いです。現れやすいのは、喉の痛みや腫れで、発熱することもあります。

風邪の症状に似ているので、風邪薬を服用して済ましてしまうことが多いのです。通常の内科では、風邪と診断されて薬を処方されることもありますが、クラミジア菌に風邪薬は効きません。ずっと風邪薬を飲んでいるのに喉の腫れが引かないといった場合には、咽頭クラミジアを疑ったほうがいいでしょう。

クラミジアは感染箇所に限らず「ジスロマック」と言うアジスロマイシン配合の治療薬を飲んで治します。

放置していると重症化して、慢性扁桃炎になることもあります。ただ、症状が出にくいので、ほとんどは気がつかないとされています。病院としても、クラミジアの検査をして欲しいと患者が言わない限り、検査はしません。

重症化すると

咽頭クラミジアは症状が出にくいですが、性感染症学会によると、風邪に似た喉の痛みや腫れ以外に、耳が詰まったりふさがったりする感じを持つという症状があると報告されています。難聴気味になったり、鼻づまりが出たり、首のリンパが腫れたりする、また中耳腔という場所に液体が溜まる症状が出ることもあると報告されています。ただ、咽頭に感染したクラミジアは無症状が圧倒的に多いです。このような症状が出ていないからといって、咽頭に感染していないとは言えません。もし不安があるのであれば、症状のあるなしに関係なく、咽頭検査をしてみましょう。