クラミジアの症状

気になるクラミジアの症状とは?

自覚症状の無い性感染症

クラミジアという名前を聞いたことはありませんか?実は日本では最も感染者数の多い性感染症で、自覚症状が少なくて知らないうちに発症してしまう厄介な病気なのです。
またクラミジアは男性と女性の両方に感染しますが、特に女性の場合は不妊症の原因になっている事が多く、子宝に恵まれないとの悩みがある場合は、専門クリニックなどで診察をする方が良いかも知れません。

そして男性では排尿痛が多く見られる症状です。どちらも若い年齢層で感染率が高くなっていて、現在において性感染症の中では最も感染者数が多くなっています。

男性に出るクラミジアの症状について

男性の場合は、初期段階では自覚症状がほとんどありません。女性の様にオリモノのサインがありませんから、保菌者との性行為の後も変わらない日常生活を送る様になります。ですが、やがて排尿痛や副睾丸炎といった性器に感染症が現れて性器がかゆくなったり、ちょっとした痛みを感じる様になったりするのです。また症状が進むと尿道から粘液性の分泌物が多く出てくるのですが、尿と一緒に出てくるので気が付く方は少ないでしょう。

女性に出るクラミジアの症状について

一方女性がクラミジアに感染した場合に、保菌者との性交後2~3週間ほどでサラサラとした水溶液状のオリモノが増え始めます。これは明らかに通常の生理状態とは少々異なりますから、よく注意をしていれば必ず気になるはずです。ですが、ちょっと様子の変わった生理かしら?などと放っておくと、そのまま発見できずに発症してしまう事になります。

人によっては不正出血が出る様になったり、性行為の時に激しい痛みが出る事もありますし、日常的に下腹部が痛む様なケースも稀に見られます。ですが、先に述べた初期症状を見逃してしまうと、大半の方には自覚症状がありませんので、クラミジアの症状自体に気がつかないのです。

この様に静かに体内を侵していく病原菌なのですが、最も危険な症状として、クラミジアは不妊症の大きな原因になってしまいます。最終的に子宮頸管炎から子宮内膜炎に罹り、やがて内臓まで炎症が広がるでしょう。こうなると受精しにくい子宮内環境へと変わりますし、例え受精しても卵子が着床不能になり、結果として不妊症につながってしまいます。そのため、男女ともに感染には普段から注意しなくてはいけません。

女性はクラミジア感染しても自覚症状が乏しい

クラミジアは症状の出にくい性病として知られており、自覚がないまま他人に感染させてしまっている可能性が高い病気です。性病の知識がないので、自分がかかっているとは想像もしないで、別の人と性交渉をして拡大していく傾向があります。男性のほうがやや気がつく可能性が高いという程度で、女性では5人に1人程度しか自覚症状がないというデータもあります。不安のある人は検査を受けてみましょう。クリニックや病院でも受けられますが、今は精度の高い検査キットも販売されています。検体を採取して郵送するタイプのものですが、個人名ではなく番号で処理するものなので個人情報漏えいの危険もありません。

女性に出やすい症状

女性の性器に感染した場合、子宮の入り口の子宮頸管という部位にクラミジア菌が感染します。出やすいものとして、おりものの量が増えて、白っぽく粘液状になります。また、排尿時に痛みが出ることもありますし、軽く下腹部が痛むこともあります。月経以外で出血する不正出血が出ることもあります。ただし、全般的に軽いケースが多く、女性のほとんどはこういった異状を体験しているため、見過ごされてしまいがちです。

症状が進むと

クラミジアの危険なところは、粘膜を伝って徐々に体内に侵入していくということです。子宮頸管に感染すると、排卵時の粘液を出す機能が充分に機能しなくなります。自覚症状があれば、ここで検査して発覚しますが、そうでないときは、子宮内膜へクラミジア菌が侵入していきます。

子宮内膜は薄い膜で、ここに炎症が発生すると腹部に不快感があり、痛みが出てくることがあります。微熱が出るケースもあります。おりものは膿のようにねっとりとして、嫌な臭いがすることもあります。さらに病気が進行すると、卵管炎が発生します。40度近い高熱が出たり、吐き気を感じることがあります。卵管炎は重症化すると不妊症や子宮外妊娠のリスクが高まります。

検査をしよう

女性の場合、男性パートナーの感染から発覚するケースが多くあります。男性がどこかからもらってきて、コンドームなしの性行為を行ったとき、高い確率で女性も感染します。たとえ自覚症状がなくても、パートナーが感染したら自分も検査を受けましょう。クラミジアは抗生物質によって完治可能な病気です。放置していると危険です。不妊症だと思ってクリニックに行って検査したら、何年も前にクラミジアに感染していたせいだったというケースも数多くあります。

男性は排尿時の痛みが典型的症状である

クラミジアは自覚症状が乏しい性病ですが、女性に比較すると男性のほうが気づきやすいと言われています。男性は女性よりも尿道が長いからです。

クラミジアの細菌は、男女ともに性器の入り口から侵入して部位に炎症を発生させながら身体の奥へと向かいます。初期は尿道炎を発生させますが、男性は尿道炎を発症すると排尿時に痛みが出たり、普段の状態でもペニスにかゆみを感じたりするため、気が付きやすい傾向があります。排尿時の痛みやかゆみは、性病特有のものであるため、たとえばカップルのどちらかがクラミジア菌に感染すると、男性から発覚するケースが多いです。男性では感染者のおよそ半数が初期の自覚症状があり、女性は約8割が自覚症状がないというデータがあります。

様々な特有の症状

男性に現れやすい症状は、排尿時の痛みや尿道部分のかゆみ、違和感、膿が出るなどがあります。膿などの分泌物が粘り気があることが多く、白っぽいものであるため、初期のうちに病院に行くことが多くあります。尿道炎が発症する程度であれば治療は楽ですし、治療期間も短く済みます。

細菌は粘膜をつたって身体の内部に侵入していき、精巣近くに入り込むと、軽い腫れが見られることがあります。微熱を発するときもありますし、強い痛みが出ることもあります。副睾丸という組織に達すると、睾丸の裏側に痛みが出るようになります。自覚症状は睾丸全体の痛みとして感じられます。そのまま放置していると、痛みが拡大して、睾丸が腫れて赤みが出てきます。

前立腺に至ると排尿障害が起こることも

細菌が前立腺に至ると、炎症を起こします。小便が出にくくなり、出ても激しい痛みを覚えることがあります。慢性化すると痛みはなくなりますが、頻尿の傾向となり、残尿感があって小便を我慢できなくなるといった排尿障害が出る場合もあります。性行為を行うと射精時に痛みが出たり、性欲そのものがなくなったりすることもあります。前立腺は尿をコントロールするだけでなく、精子を作る大切な機能を持っています。なんらかの自覚症状が出たら病院に行きましょう。

クラミジアは抗生物質や抗菌薬で完治できる病気です。前立腺炎を発症した場合には投薬治療は2週間ほどかかりますが、クラミジア菌は必ず死滅させることが可能です。自覚症状がなくなっても、菌が体内に残っていたら薬の服用を続ける必要があります。自己判断で服用を止めないようにしましょう。必ず病院で再検査したうえで治療を終えます。