クラミジア治療薬のアジー(ジスロマックジェネリック)

クラミジアの治療薬アジーについて

ジスロマックのジェネリック医薬品

クラミジアの治療薬であるマクロライド系抗生物質のジスロマックは、1回服用するだけでよい便利な薬です。そのジスロマックの後発医薬品がアジーであり、同じようにクラミジアに高い効果を示すことが期待されます。

アジーはジスロマックの後発医薬品、つまり、ジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは新薬とまったく同じ成分を同じ量使用して作られる医薬品のことで、効果や安全性は新薬と同じです。

ジスロマックの場合、その価格に開発費や研究費も含まれるため高くなりますが、アジーはジェネリック医薬品であるためジスロマックより安価なのが利点です。薬の形状に若干の違いはありますが、さまざまな厳しい試験をクリアして発売される医薬品ですから、効果や安全性にはまったく問題ありません。ジスロマックはちょっと高いという人は、経済的なアジーを選ぶのがおすすめです。

ジスロマックとまったく同じ有効成分

アジーの製造元はインドのシプラ社です。有効成分はジスロマックとまったく同じでアジスロマイシン水和物を使用しています。ですので、クラミジアの菌に対する作用も、可能性のある副作用もジスロマックとまったく同じです。

アジーの服用方法

アジーには1錠1000mg、500mg、250mgのものがあります。1錠1000mgのものなら1日1回1錠の服用だけでOKです。1錠500mgなら2錠、250mgなら4錠というふうに1回の服用量を1000mgになるように服用します。

1日1回の服用と書きましたが、毎日服用するのではなく、基本的にはその1回きりでクラミジアの治療には十分です。1回の服用で効果が1週間ほど持続するので、それだけで90%の確率でクラミジアは完治します。

副作用

アジーの副作用についてですが、ジスロマックと同じですので滅多に起こることはありません。ただ、まれに吐き気、胃痛、下痢などの胃腸症状が出ることが報告されています。アナフィラキシーショックが出ることもごくまれにありますが、基本的には安全性の非常に高い薬ですので、妊婦さんでも安心して服用できます。

アジーの入手方法

アジーは日本の病院では処方されません。つまり、通販などで海外から個人輸入で入手することになります。この場合、医師の処方なしに服用することになるので、副作用の危険性など知識を得ておくことが大切です。

クラミジア治療にはどんな薬があるか?

アジー・ジスロマックジェネリックでしっかり治しましょう

『風俗で遊んでいるうちに小便の時に違和感が出る様になった』『風俗に勤めてからオリモノの臭いが酷くなった』という話があります。これは性病・クラミジアの感染症状の代表的なもので、現在多くの若者が感染している流行性性病疾患とも言えます。そして、クラミジアに感染している方の多くが、自分自身で感染に気付いていないという問題もあります。

ただしこの性病は放置していると、男性の場合は前立腺炎や副睾丸炎で性機能が低下しますし、女性の場合は子宮付属器炎や骨盤腹膜炎、それに最悪の場合は卵管性不妊症や子宮外妊娠など子どもが生めない状態になる事もあるのです。そこで早期検診が必要となります。それで感染が確認されれば、すぐに抗生物質による治療がなされます。クラミジア治療薬で効果が高いのがアジー(アジスロマイシン)で、別名をジスロマックジェネリックといって、比較的リーズナブルに治療ができる薬です。

クラミジアは医師の処方で治療しましょう

クラミジア治療では抗生物質の内服薬を使うのが一般的です。もちろんドラッグストアでは購入できません。また健康保険適用外ですので、費用は割高になりがちです。その点でアジー(ジスロマックジェネリック)は低料金での治療が可能です。この薬は副作用が少なくて作用がしっかりとしている抗生物質としても評判です。膣や尿道に潜んでいるクラミジアを的確に殺菌する効果があるのです。

そしてジスロマックは1回の服用で1週間程度の効果持続力があって、うっかり飲み忘れをしやすい方にも便利です。最近では個人輸入で購入するケースもありますが、海外モノは安全性や効き目に良し悪しがあって、副作用が強く出る心配もあります。ですからちゃんと国内の医師が処方したものを利用する方が良いでしょう。

服用後の再検査は必ず行いましょう

ジスロマックにはタブレットとドリンクタイプがあり、アジスロマイシンの配合量によって250mg・500mg・1000mgと3種類が利用可能です。そしてアジー(ジスロマックジェネリック)では1~2週間ぐらいで完治できますので、基本は1,2回の服用で十分でしょう。よほど症状が悪化していない限りは何回も服用を継続する事はありません。

ただし、結果検査は必ず行ってください。薬だけもらって飲んでいるだけでは完治の判断ができません。ちゃんと完治しているかどうかは専門医師の判断を仰ぐようにおすすめします。

ジスロマックの後発薬であるアジーとはどんな薬だろう?

今は、様々な薬に後発薬(ジェネリック医薬品)が出ています。それはジスロマックも同様であり、アジーという後発薬があります。そこで今回は、アジーの特徴などに関して迫ってみます。

アジーとはどんな薬なのか知っておこう

アジーは、ジスロマックのジェネリック医薬品であり、シプラ社(インドの製薬会社)が開発しました。クラミジアや淋病などといった性感染症を主として治療する薬です。アジーは即効性が高い特徴があり、これまでの治療薬と比較しても短期間の間に完治できるとされています。

食後2時間以上経ってからか、空腹時に服用しましょう。250ミリグラムであれば1日2回、500ミリグラムなら1日1回の服用となっています。特に人気なのは1000ミリグラムであり、3日に1度の服用となります。

これまでの抗生物質では胃酸の影響を受け効果が薄らいでしまっていたのですが、アジー(ジスロマック)なら胃酸の影響を受けないので、高い濃度で細菌に作用してくれます。アジーは、クラミジア感染症だけでなく喉の炎症、尿道炎、子宮頚肝炎などといった炎症を起こしてしまう症状に効果が期待できる抗生物質です。

アジーはコスパに優れていて個人輸入代行サービスで購入可能

アジーはインドの製薬会社で開発されたジスロマックのジェネリック医薬品ですが、家にいながらにして直に個人輸入をすることができるので、医療費をそのまま節約するのも可能となっています。アジーを購入された方の意見としては、ジスロマックよりもコストパフォーマンスが良く、ジスロマックと比べても効果は変わらないというものもあります。

また、アジーはジスロマックと同様に、個人輸入代行サービスを利用して購入することも可能です。海外の医薬品を個人輸入するのは厚生労働省でも認められているため、問題はありません。ただ、アジーを購入できる数量には限りがある点も、知っておく必要があります。とは言え、その数量も個人輸入代行サービスにおいてあらかじめ制限がかかっているため、特に購入者側がすることはないでしょう。

それに、アジーは自分自身が使用する分のみしか購入できません。譲渡することはいけませんし、家族の分も購入できないということになります。