クラミジア治療薬アジスロマイシン

クラミジア治療薬アジスロマイシンの効果について

クラミジア治療にはアジスロマイシンが最適

性病クラミジアの治療薬としてもっとも効果があるとされているのがジスロマックという抗生薬で、原因菌クラミジア・トラスコマティスを殺菌する作用の高いアジスロマイシンを主成分にしています。この抗生物質アジスロマイシンはマクロライド系の成分で副作用が弱いという点もメリットです。

またクラミジア治療では他の抗生物質も使用されますが、アジスロマイシンは1回の服用で1週間も効果が持続するために、薬の飲み忘れを防ぐ利便性も持っています。通常であれば2回ほどの服用で完治すると言われています。また使用禁忌がないので他の薬と併用する事も問題ありません。つまり、医師にとってもたいへんに処方しやすいのです。

アジスロマイシンの具体的な作用

アジスロマイシンを主成分とするジスロマックは、専門的に言うと15員環のニューマクロライド系の抗生剤で、胃酸に分解されにくいために体内での効果持続時間が長いという優れた特徴があります。また血液中に入り込むことで確実に患部での殺菌作用がなされます。この2つの特徴で、わざわざ毎日薬を服用しなくても済んでしまうのです。基本的には1回の服用で1週間前後の効果持続が得られます。

ちなみにアジスロマイシンの作用を分かりやすく説明しますと、この成分がクラミジア細菌の中に浸透すると70Sリポゾームというタンパク質を形成します。これが既存のタンパク質50Sと結合し、クラミジアの病原体が増殖する事を阻止するのです。さらにアジスロマイシン自体に抗炎症効果がありますから、既に炎症を起こしている性器を治癒する働きも得られます。

アジスロマイシンは3種類あります

現在専門クリニックなどが処方しているアジスロマイシンは3種類あります。それぞれに配合量が違い、効き目や効果持続の時間が変わってきます。もっとも効果が高いのが1000mg入りの薬で、1回の服用で1週間は効果持続します。ちなみにこの成分でクラミジア治療をする場合、1~2週間で完治しますから、2回も服用すればOKという事になるでしょう。またやや効き目を抑えた500mg入りもあります。こちらは3日連続の服用で1週間の効果が得られます。

それから250mgのモノも処方できます。もちろん医師の判断によって処方がなされますが、自分から希望する事も良いかも知れません。

ジスロマックにはどんな副作用があるの?

薬は病気などを治すものではありますが、副作用を起こす可能性があります。ここでは、ジスロマックの副作用について探ってみましょう。

胃腸が弱い方は注意が必要です。ジスロマックでは、さほど副作用は起こりにくいとされています。しかし、胃腸が強くない方の場合には、下痢を起こしやすいと言われます。よって、胃腸薬も一緒に処方されるケースもあるのですが、制酸剤の一部は薬の吸収を悪くしてしまうために、胃腸薬の服用を控えるようにしましょう。ジスロマックは、『マクロライド系』という分類の抗生物質となりますが、下痢を起こしやすい面があります。

服用中には胃が縮んだり胃の消化液の分泌が促進されるなどといった特徴がある抗生物質です。処方された分量はなるべく飲みきることが症状を改善させる手段ですが、もし水のような便がずっと出たり、強い腹痛に見舞われるようなら、注意が必要です。

副作用は少な目だけどアナフェラキシーショックが起きる可能性も

ジスロマックは、他の医薬品と比べると副作用は少ない薬となっています。重い副作用が現れるのはまれであり、データとして具体的なパーセンテージは出ていません。これまでに報告された重い副作用の中では、発症すると命の危険まであるアナフェラキシーショックが挙げられます。これは急性の過敏反応であり、早いとジスロマックの服用5分以内に、遅ければ服用してから30分以内に症状が出てしまいます。症状は、主にかゆみや蕁麻疹、腹痛や吐き気といった消化器、声が掠れたり喉などといった呼吸器に症状が現れるのです。

スティーブンス・ジョンソン症候群が起こるかも!

スティーブンス・ジョンソン症候群や中毒性表皮壊死症も、ジスロマックの服用により起こる可能性がある症状です。重度の皮膚障害であり、服用後2週間前後での発生が多いのが特徴です。38度以上の高熱が出ることや、目や口といった粘膜の周辺に発疹もしくは水膨れが現れるケースがあります。

その他にも、重い皮膚症状が現れる可能性があります。こうした症状は医薬品のアレルギーによるものであり、中毒性表皮壊死症の症例は、多くがスティーブンス・ジョンソン症候群が進んだものと言われています。目や口などの粘膜に急性結膜炎として症状が現れて、半日から1日後には身体にも広がります。死亡率が20%から30%となっているため、早期発見が大事です。