クラミジア治療薬のメイアクトとは

クラビットの用法用量とクラミジアへの効果

指示通りに服用すること

クラミジアの治療薬と知られるクラビットは、ニューキロノン系の抗生物質で細菌の感染に効果を発揮します。その特徴、使用法、注意点について見ていきましょう。

クラミジア感染症はクラミジア・トラコマティスという細菌の感染によって起こる性感染症です。クラビットはそのクラミジア・トラコマティスを死滅させる作用を持つ薬としてこれまで幅広く使用されてきました。

クラビットは1錠500mgのものが一般的で、それを1日1回服用することで1週間から2週間でクラミジアの治療を目指します。1錠250mgのものもありますが、その場合は1日の用量は2倍になりますが、分割して服用するのではなく一度に500mg服用することに注意してください。

また、重症と診断された場合に1錠700mgのものが処方されることがありますが、それも同じように1日1錠ずつ服用します。

ポイントは用量用法をきちんと守ることです。自分勝手に一度にたくさん飲んでも1日の服用回数を増やしても効果が強まることはありません。それどころか、副作用のリスクが高まるので、クラビットを処方されたときはちゃんと指示通り服用してください。

勝手に中止してはいけない

クラビットを指示通りに服用すると、早ければ1週間ほどで症状が改善します。ただし、症状の改善が見られたからといって、自分勝手に服用を中止してはいけません。表面上は完治したように見えても、体内にクラミジアの菌が残っている可能性はあります。

もしまだ体内に残っている場合、再発してしまいますし、次からは同じ薬での治療が難しくなります。ですから、処方された分を最後まで飲み切ることが大切です。

以前ほどの効果は期待できなくなってきた

かつてはクラミジアや淋病の治療に有効とされてきたクラビットですが、最近では以前ほどの効果は期待できなくなってきました。それは細菌がクラビットの有効成分に耐性を持ってきたことが原因です。実際、以前のクラビットは1錠300mgがスタンダードでしたが、その量では効果が薄いため今のように1錠500mgがスタンダードになっているのです。

どの薬にするかは医師が処方することなので患者個人がどうこう言うことはできませんが、最近ではクラビットを改良したグレースビットという少ない量で高い効果を期待できる薬もあります。希望を聞いてもらえるのなら、そうしたより確実性の高い薬を処方してもらいましょう。

クラミジアにメイアクトは効かない

セフェム系の抗生物質に属するメイアクト

メイアクトはセフェム系の抗生物質です。セフェム系の抗生物質にはクラミジアの治療効果はないので、メイアクトがクラミジア治療薬という認識はまったくの誤りです。

メイアクトとは第3世代セフェム系の抗生物質で、細菌を殺菌する作用があります。セフェム系は第4世代まであり、世代を追うごとに幅広い細菌に作用するように改良されています。メイアクトは皮膚感染症、呼吸器感染症、婦人科感染症、泌尿器感染症などの治療薬として用いられます。

メイアクトの特徴は、グラム陰性菌の殺菌に効果があるところです。グラム陰性菌は腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症の原因となる細菌ですので、メイアクトは尿路感染症の治療にもよく使われます。また、咽頭炎、肺炎、気管支炎でもグラム陰性菌が原因となっている症状なら投与されることがあります。このように幅広い細菌に作用するメリットの多い薬ですが、クラミジア感染症には効果はありません。

メイアクトが処方されたということは

クラミジアだと思って病院に行ったら、メイアクトを処方されたというケースもよくあります。ただ、それは本人が症状からクラミジアだと思っているだけで、実際はクラミジアの病原菌に感染していないのだと思われます。クラミジアに感染すると、尿道炎、膀胱炎、咽頭炎などの症状が表れることがありますが、これらの炎症はクラミジアの感染以外でも起こり得る症状です。

クラミジアに感染しているかを調べるには、検査結果を見て判断するしかないので、患者本人が症状からクラミジアだと断定することはできません。クラミジアを心配して病院に行ったらメイアクトが処方されたという場合は、医師は雑菌による炎症だと診断してそれを処方したのですから、性感染症の心配はないということでしょう。

クラミジアの治療に使用される抗生物質

クラミジアの治療には、メイアクトの属するセフェム系の抗生物質ではなく、おもにテトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキロノン系の3種類の抗生物質のなかから症状に合わせた薬が処方されます。

そもそもセフェム系の抗生物質はクラミジアに効果がないので、メイアクトを処方されるということはクラミジアではないことです。薬が処方されるときは医師や薬剤師から説明があるのがふつうですが、それでもクラミジアの心配があるのなら診察時にちゃんと伝えましょう。