クラミジアは感染しても無症状が多い

自覚症状がない

クラミジアの特徴として、症状が出にくいか、出ても軽度である点が挙げられます。また、近年の調査では無症状の人も多いことが報告されています。感染者であるのに症状なしなので、まったく気にせずセックスを楽しんでいることがあるのです。女性でも男性でも、次々に感染が拡大していく傾向があります。男性にも無症状の感染者はいますが、特に女性に多いと言われています。

女性の場合は、妊娠・出産という人生の大きなイベントが待っていますが、クラミジアに感染したまま妊娠すると流産のリスクが高まり、出産しても新生児に悪影響が及ぶリスクがあります。自覚症状なしなので、本人がクラミジアを理解しているか、周囲の誰かがアドバイスするなどして、妊娠時にはクラミジア検査を受けるようにしましょう。

厚生労働省の調査によると、クラミジアは若い女性に多く感染しており、20歳から24歳の女性の1.13%が感染していたと報告されています。無症状の人はその4倍以上と推測されています。16人に1人の割合で女性は感染しているという計算になります。

年齢層別の無症状感染者

厚生労働省は年齢別に調査を実施しています。ある高校を対象に調査したら、女子高生の約13%、男子高生の6.7%が症状無しの感染者だったと報告されています。特に性的に乱れているという学校ではなく、ごく普通の高校を対象としたということですので、かなり高い確率で感染していることになります。

一般男性を対象にした調査では、2.4%が症状なしの感染者でした。別の調査になりますが、岐阜大学の附属病院が行った調査によると、女性の7.9%が子宮頸管に感染しており、咽頭クラミジアに感染していたのは5.2%という結果が出ています。

自覚症状がない一般女性でこの数字ですので、潜在的な患者はかなりの数にのぼることが容易に推測可能です。また、同じ調査では、性風俗に従事している女性のうち、子宮頸管に感染しているのは33.3%、咽頭に感染しているのは22.5%という高い感染率が結果として出ています。

予防と検査

クラミジアは、感染者との性行為によって感染します。咽頭クラミジアに感染している人がオーラルセックスをしたら、相手の性器に感染していくでしょう。自分は大丈夫だと思っていても、どこで誰が感染しているかわかりません。性感染症は感染する相手を選ぶわけではなく、誰にでも感染しますから、好きな人とだけ普通にセックスしていれば感染しないと甘く見ないほうが良いでしょう。おかしいと思ったら検査を検討してください。

クラミジア感染症男女共通の症状はかゆみ?

性病の中でも感染者数が最も多いクラミジア感染症は、男女問わず感染する性病です。男性の場合は排尿時に痛みを感じたり、膿が出たり、風邪に似た発熱や精巣上体の腫れなどの症状が現れます。

女性の場合はおりものの量が増加したり、不正出血をしたり、下腹の痛みや性行為時に痛みを感じるなどの症状が現れます。男女それぞれ症状が異なりますが、唯一共通している症状があります。それは「かゆみ」です。

かゆみや違和感を感じた場合には、クラミジア感染症になっている可能性が高くなります。クラミジア感染症は感染力が高く、性行為で粘膜同士が触れ合うことで感染してしまいます。約1~2週間ほどで症状が現れるようになります。

クラミジア感染症になってしまうと、性病の中でも最も恐ろしいHIVへの感染が通常よりも3倍~5倍に跳ね上がり、長く放置してしまうと不妊症になる可能性が高く、大きなリスクが生じてしまいます。
こういったかゆみや痛みなどの症状が出て違和感を少しでも感じたら、早めに検査をしてクラミジア感染症を有無を調べるようにしましょう。

検査キットで自宅で検査

性行為を行って数週間経ってからクラミジア感染症の疑いがある症状が出たが、病院へ直接検査に行くのが恥ずかしいという方も多いことでしょう。そんな方には自宅でクラミジア感染症であるかどうかを検査することが出来る「検査キット」をオススメします。

検査キットはクラミジアや淋菌、トリコモナスなどの感染の有無を男性は尿、女性は綿棒で患部をこすった検査物を返送用封筒に入れ、匿名で返送することで検査することが出来るものとなっています。

検査結果は数日後に電話やメール、WEBサイトなどから報告されます。実際に病院に足を運ぶことはないので誰にも検査を受けたことを知られることはなく、匿名で検査を受けるため医療機関・検査機関にも特定されることはありません。

プライバシーを守りながら、自分自身がクラミジア感染症などの性病にかかっているかどうかを調べることが出来るので、気軽に検査することが出来ます。検査キットを使って検査結果で陰性が出たら安心です。

しかし、検査キットで検査結果に陽性が出たらすぐにでも治療を行うようにしましょう。早めに治療することで、HIVへの感染や不眠症などになるリスクも最小限に抑えることができます。