クラミジア治療薬のレボフロキサシン

レボフロキサシンは細菌の自己コピー能力を阻害する薬

抗生物質で治療

クラミジアは細菌によって引き起こされる性病です。粘膜から粘膜へ感染していき、主に性器、咽頭などに住みつきます。性器感染では特に女性に自覚症状がほとんどないのが特徴ですが、放置していると不妊症の原因になるため注意が必要です。感染率はコンドームなしの性行為の場合50%と非常に高く、不特定多数の人と性交渉を行う人にかかりやすい傾向があります。

細菌によって感染する病気には、抗生物質の投薬による治療が効果的です。抗生物質は、細菌を殺したり増殖を阻害したりして病気を治していく薬です。クラミジア治療には、マクロライド系のジスロマックやクラリスロマイシンなどが用いられることが多いですが、ニューキノロン系も多く使われます。

レボフロキサシン250は、ニューキノロン系治療薬のクラビットの後発薬になります。ジェネリック医薬品と呼ばれるもので、成分構成はまったく同じですが、価格が安いというメリットがあります。

作用の仕方

クラビットという名称で良く知られるクラミジア治療薬ですが、これは商品名で、一般的にはレボフロキサシンが正式名称です。ニューキノロン系と呼ばれる抗生物質で、細菌のコピーする力を阻害する働きがあります。

クラミジアの細菌は、取り付いた粘膜からタンパク質を吸収し、自分のDNAを複製します。複製された細菌は、元の菌が死んでも新たに粘膜をたどって侵入していきます。女性であれば最初は膣の入り口に感染し、そこから膣の内部をたどって子宮頸管に入り込み、さらに奥へ進んでいきます。新たにコピーを作れなくなった細菌は、自分が死ぬと後を引き継ぐものがいないため、結果的にすべていなくなるのです。

服用の仕方

レボフロキサシン250は成分を1錠につき250mg含有したものです。この薬は、500mg配合したものが最も汎用性が高く、1日1回服用するだけで効果を発揮します。症状や感染の進行にもよりますが、およそ1週間から2週間ほど服用するとクラミジア菌は死滅します。

副作用はほとんどありませんが、配合した分量と患者の体調や基礎体力によっては500mgでは強すぎる場合があります。このとき、250mgのものが処方されます。服用し始めると、早い場合で1週間で症状は収まります。ただ、クラミジアそのものが自覚症状の薄い病気ですので、自己判断で服用を中止しないようにしましょう。病院で必ず再検査を受けて、完全に細菌が死滅したことを確認して完治とみなされます。

レボフロキサシン500

レボフロキサシン500とは、レボフロキサシンという成分を1錠中500mg含有する抗生物質です。クラミジアの治療薬として有名なクラビットの成分名でもあります。

クラミジアは抗生物質によって治療するのが一般的です。抗生物質にはさまざまな種類がありますが、クラミジアの治療に使用されるのは、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキロノン系の3種類が中心です。レボフロキサシンはニューキロノン系に属します。

レボフロキサシンは錠剤、細粒、点眼剤などで処方され、抗生剤として使われます。感染症の原因となる細菌の核酸が作られるのを防ぐ働きがあって、体内に侵入した細菌を死滅させることができるのです。クラミジアに感染するとさまざまな箇所が炎症を起こします。尿道炎、前立腺炎、膀胱炎、副睾丸炎、子宮頚管炎、子宮付属器炎、咽頭炎など、クラミジア感染症に見られる炎症は多数に及びますが、レボフロキサシンはこれらの炎症に作用する薬であるためクラミジアの治療薬としても用いられるのです。

レボフロキサシン500の種類

1錠当たり500mgの成分

以前は、100mgずつ1日2~3回服用するのがレボフロキサシンの用法でしたが、耐性菌の出現を抑えるために今では1日1回500mgを服用するのが一般的です。そのため、今では1錠100mgという錠剤はありません。250mgと500mgが新たに発売され、レボフロキサシン500というのは500mgの錠剤のことです。

なお、レボフロキサシンとは第一三共の開発したクラビットの成分名ですが、今では多くのメーカーがジェネリック商品を発売しています。レボフロキサシン錠500mgという薬には、いくつか例を挙げると、「アメル」「イセイ」「イワキ」「オーハラ」「トーワ」「ファイザー」「日医工」「明治」「杏林」などがあります。

このように、レボフロキサシン500という薬にはさまざまなメーカーのものがあります。以前処方されたものと違うと思う方もいるかもしれませんが、どれも同じ成分が1錠に500mg入ったものですので、安心して服用してかまいません。

レボフロキサシン500の副作用

レボフロキサシンの副作用には、腹痛や下痢など消化器の症状があります。腸内細菌のバランスが抗生物質によって崩れるからです。ただ、それほど重いものはなく、少しくらいの腹痛なら服用を続けて問題ありません。しかし、悪化したりもっと重大な副作用が出たりするようなら、速やかに医師に相談しましょう。

レボクインはクラミジア細菌の増殖を抑える

抗生物質の一種

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が感染して発症する性病です。主に性器接触によって体内に侵入していきます。クラミジアの細菌に対抗するには抗生物質が有効です。抗生物質は、主に経口投与で摂取し、成分が血流を通って感染部位に達すると侵入した細菌を殺したり、不活性化させたりするものです。人間の身体にも数多くの細菌が住んでいますが、生命活動に必要な細菌に対する影響が少なく、目指す細菌のみに作用するのが特徴です。

クラミジアと同様に良く知られた性病には梅毒があります。これにはペニシリンという抗生物質が使われますが、クラミジアにはマクロライド系やニューキノロン系の抗生物質が効果的です。レボクインは、ニューキノロン系の抗生物質のクラビットと同じ成分を持つジェネリック医薬品です。ジェネリックは一般に後発薬に対して使われる名称で、成分や効き目は変わらず、価格が安いというメリットがあります。

レボクインの効用

レボクインの有効成分はレボフロキサシンです。これがクラミジアの細菌のDNAの複製を抑制し、増殖を防ぎます。増殖できないので、細菌は自分が死滅すればそれ以上数が増えることがありません。細菌は自分のコピーを作って増殖し、粘膜をつたって徐々に身体の内部に入り込んでいきますが、コピーを作ることができないので、自分が死んでも後釜がいないので、結果的に細菌がいなくなるのです。

レボクインは、広範囲の抗菌作用がある薬で、クラミジア以外にも膀胱炎や前立腺炎、コレラやチフスにも効果を発揮します。通常は、成人は1回100mgの錠剤を1錠、1日に2回から3回を経口服用します。効果が不十分と認められたら、レボフロキサシン水和物を倍量にするなどの調整を行います。

副作用は?

レボクインは細菌の増殖を予防する薬です。そのため身体の他の部分に影響が出そうですが、近年の抗生物質は副作用がほとんどありません。多くの病院がレボクインを処方していますが、副作用が少ないというのが理由です。定められた容量と用法を守って服用していれば、ほとんど副作用が出ないと言われています。もしあったとしても、軽い胃痛や下痢などです。そのため、胃腸薬と併用するよう処方箋が出ることもあります。

まれに頭痛やめまい、関節痛などの症状が出ることが報告されています。抗生物質は併用禁忌薬がありますので、そこはしっかり確認しておきましょう。睡眠薬や頭痛薬の一部には、併用してはならないものがあります。