ジスロマック服用中のお酒

ジスロマック服用中はお酒を飲めないのか


薬とお酒の関係


仕事で疲れて帰ってからの晩酌は最高のひとときで、これだけは欠かせないという人は多いでしょう。もちろん、体調が優れない時はあまりお酒も飲みたいと思わないので自然とお酒は控えるようになりますが、それほど体調が悪いわけではないがジスロマックを飲まなければならない細菌感染を起こした場合、楽しみの晩酌はしても良いのでしょうか。まず、薬とお酒の関係を知りましょう。お酒を飲んだらアルコールは肝臓で分解されます。肝臓は入ってきたアルコールを分解するために一生懸命働きます。しかし、実はこの肝臓で薬も分解されるのです。お酒を飲んで薬を飲んでいると、肝臓にダブルで負担をかけていることになります。アルコールが分解されずに悪酔いしたり、薬の効き目が落ちたりするので注意が必要です。

ジスロマック服用時は飲まない


薬の中には服用中にお酒を飲んだら危険と言われるものがあります。お酒の効果と薬の効果が合わさって、異様に眠くなったり、効きすぎてしまって意識を失ったりすることがあるようです。抗ヒスタミン薬や解熱鎮痛薬、精神安定薬、睡眠薬、高血圧の薬などを服用している人は特に注意が必要です。では、ジスロマックを服用中のお酒はどうなのかですが、ジスロマックはお酒との飲み合わせは特に注意喚起はされていません。しかし、抗生物質を飲まなければならない体調であることを自覚し、ジスロマックを服用している間のお酒は控えた方が良いと言えるでしょう。ジスロマックは、血液中で成分濃度が一定以上のレベルになることで発揮されます。お酒を飲むと血液中にアルコールが入ってきて薬の有効成分が低くなってしまいます。ということは、薬の効き目が落ちることになるので、体内の死滅させなければならない細菌が死滅しない可能性があるのです。

耐性を強めてしまう危険が


細菌を短期間に死滅させるためにジスロマックを服用していても、お酒を飲むことで効き目が悪くなり、細菌を中途半端に攻撃して薬に対する抵抗力を強めてしまうことがあります。ジスロマックに対して耐性が強くなってしまうと効果がみられなくなり、また別の抗生物質を使わなければならなくなってしまうのです。ジスロマックを服用している間は、お酒は飲めないものとして考え、控えるようにしましょう。ジスロマックは長期間飲む薬ではありませんので、その間くらいはお酒を控えてください。