男のクラミジアは排尿時の痛みが典型的な症状

主な症状

クラミジアは自覚症状が薄い性病で、自分が感染したことに気が付きにくい病気です。特に初期症状は軽く、ちょっとした違和感がある程度というケースが多くあります。ある研究機関の調査によると、何も症状が出ていない男性の尿を検査したら、5%程度のクラミジア感染者が存在したという結果が出ています。

無症状の感染者が広まっていて、それを女性に感染させている可能性が非常に大きいと言えます。主な症状としては、排尿時の痛みがあります。排尿時のペニスの痛みは、性病の典型的症状として知られていますので、ここで気がつく人もいるでしょう。

また、ぴりっとしみるような感じを覚える人もいます。ペニスがかゆくなってくるのも、クラミジアの症状で、これも性病特有のものです。排尿の頻度も上がり、いくら行っても残尿感があり、どことなく違和感を覚えるようになります。

尿道炎や副睾丸炎

初期症状が典型的ですので、ここで気がついて病院やクリニックに行ければ抗生物質によって治療期間も短く済みます。感染に気づかないまま放置していると、尿道炎にかかります。症状は、排尿する際の痛みが増して、しみる感じが強まることです。

また、濃い白っぽい汁のような分泌物が出てくることもあり、性行為をした際に射精すると痛みを覚えるようになります。この時点ではクラミジア菌はまだペニスのあたりまでしか広がっていません。さらに放置すると、副睾丸に細菌が達します。

副睾丸は、睾丸で生成された精子を保存する器官で、正面から見て睾丸の裏側に位置しています。クラミジア菌がここに達すると炎症を引き起こし、睾丸が腫れて、鈍い痛みを感じるという症状が発生します。

前立腺炎

前立腺は膀胱のすぐ下にある器官で、排尿を調節したり精液の流れを調節したりする働きを持ち、精液を生成する機能にも深くかかわります。細菌が副睾丸からさらに前立腺に侵入して発症するのが前立腺炎です。発熱があり、排尿の頻度が増えて、排尿時の痛みが出ます。残尿感も強くなり、射精の前後で痛みを覚えるようになります。

尿道に感染したクラミジアの炎症も進行し、尿道に潰瘍や皮膚の傷が形成されてペニス全体が膨れてきます。ペニスの毛細血管の循環が著しく阻害されており、慢性尿道炎という状態です。完治は非常に困難で、薬でも注射でも届かないような病変を尿道内で形成します。早期発見・早期治療ができれば、こういった事態には陥りません。

クラミジア症状になった男性はどうなるの?

クラミジア症状はあまりはっきりと自覚ができません
クラミジアの厄介なところは感染による自覚症状が乏しい事です。とくに女性はほとんど自分で気が付くという可能性がありません。

それで感染を知らないままセックスを続けるケースが非常に多いのです。そして男性も相手の女性にそんな性病があるとは知らずに、性行為後に生じるわずかな変化を見逃してしまう可能性があります。そこで男性のクラミジア症状について詳しく知っておく事は身の守りになります。

具体的には、まず尿道周辺での変化が見られます。最も気が付きやすいのが排尿痛でしょう。ただし痛みはごく軽いので気にしない人が殆どです。そこでもし普段では感じない様な違和感や痛みがあったら、万が一を考えて病院で検査する様にしましょう。

感染後には必ず尿道から膿の様な異物が出ます

この尿道痛は、クラミジア菌と免疫細胞との戦いで生じる死骸が尿道から膿となって出るからです。初期段階ではサラサラとした分泌液の様な感じで、大して気にしないかもしれません。ですがそのうちに痒みが出たり、軽い痛みを感じたり、ちょっと色の付いた膿が出てきたりします。ここまで来るとさすがに変だと気が付くはずです。

できればこのタイミングまでに、クラミジアと疑って専門のクリニックなので診察を受ける様にしたいものです。これより先に行ってしまうと、菌は増殖を強めて精巣を侵していきます。すると睾丸が腫れたり、発熱が生じて尿道以外の部分にも疾患が表れてきます。ここで心配されるのが副睾丸炎や前立腺炎や血精液症といった性機能に関わる疾患です。

実際にクラミジアに感染した男性の例

では26歳の男性の体験を紹介します。

この方は仕事のストレスや恋人のいない生活をさびしく思って、会社の飲み会の帰り性的欲求を感じ、新宿の風俗街へ行きました。すると1週間後くらいから、小便の時に尿道に軽い痛みが出始めて、ある日風呂に入る時にパンツを脱ぐと、尿道口あたりに何か分泌物が染みついているのに気付いたのです。

これはおかしいと数日後に泌尿器科へ行って受診してもらい、検査結果でクラミジア感染を知らされました。幸い症状も軽かったせいか、抗生物質の処方だけで治ったとの事でした。この様に男性におけるクラミジアの症状には確認ポイントがあるのです。そこで普段とは違う相手と性行為をした場合、最低でも3週間ぐらいはチェックを行う様にしましょう。これでかなりの確率で見逃しを回避できるでしょう。

性風俗店でクラミジアや淋病に感染する男性も多いです。感染原因はコンドームをしない性行為、オーラルセックスなどです。性器同士が触れることでクラミジア感染することもありますので挿入時のみ気をつけていれば感染しないというわけではありません。

男性のクラミジアはエイズ・淋病などへの感染率が高くなる!

20代・30代で増えている性病・クラミジア
セックスレスの時代と言われていますが、実際のところ風俗などでクラミジアに感染する男性が急増している事をご存じでしたか?恋愛関係から性行為をする人は減少傾向にあるものの、反対に金銭関係による性行為は増えているのです。

そしてこのクラミジアの怖いところは、ほとんど自覚症状が出ない事です。そしてそのまま放置されると他の感染症への感染率が5倍にも8倍にも高まる事が分かっています。ですから早めに対策を打って、きちんと治療する必要があるのです。

具体的なクラミジアの男性の症状とは

先にも言いましたが、クラミジアは自覚症状に乏しいという問題点があります。これが淋病やスピロヘーターであれば顕著な症状が確認されて、自発的に病院へ行くものです。特に女性にはほとんど症状が出ないために、保菌者である自覚が無いままに男性に移してしまう恐れがあります。風俗で働いている女性にはこの保菌者も少なくないと言いますので、風俗通いをする男性は注意深く自分の体の変化をチェックする必要があるでしょう。

では男性がクラミジアに感染した場合、具体的にはどの様な症状があらわれるのでしょうか?まず注意して頂きたいのが尿道周辺の変化です。最も多いのが排尿痛で、ごく軽いケースですと尿の時にちょっと違和感を感じる事があります。また同様にかゆみや不快感が出る場合もあります。ですがわずかな変化ですので様子見をする男性が多く、そのまま放置してしまうことが多いのです。

この症状が出たら診察を受けてみましょう

男性の場合、クラミジアの初期段階では自覚症状が乏しく分かり難いのですが、やがて排尿痛や副睾丸炎の症状が現れてくるものです。その時に一緒にペニスや睾丸部分に軽い痛みやかゆみが出ますので、排尿時の違和感や痒みが続くようなら、一度専門のクリニックに診察してもらいましょう。

この症状は尿道からの分泌物に膿が混じっている証拠です。その膿の原因はクラミジア菌と免疫細胞の死骸ですので、さらに悪化すれば最終的に精巣に炎症が起こって不妊の原因となる可能性があります。そして前立腺炎や血精液症といった他の性機能への疾患も心配されます。また性行為時に相手にクラミジアをうつしてしまう危険が伴います。自分や周りの人たちの健康のためにも注意深くある様におすすめします。

尿道炎の原因のほとんどがクラミジアもしくは淋病です。治療はいたって簡単で、抗生物質のジスロマックを1000mg(1錠)服用して安静にするだけです。その間は性行為やアルコールの摂取は控えるべきです。3、4日で完治します。