ジスロマックの飲み方とタイミング

ジスロマックはどの様に飲むのが正しいの?

ジスロマックに限らず、薬を飲むとしたら用法や用量は守らなければいけません。しかし、クラミジアなどになってしまった場合のために、ジスロマックはどの様に飲めばよいのかを知っておきましょう。

ジスロマックは食後2時間以上空けてから服用しよう

ジスロマックは、クラミジア感染症の治療に特に効果があるとされている抗生物質です。クラミジア感染症を治療するための飲み方としては、成人であれば1000ミリグラムを1日1度服用するのみとなっています。250ミリグラムのジスロマックなら、4錠分を一気に服用しましょう。ジスロマックSR(成人用ドライシロップ2g)もありますが、こちらは1瓶を1回のみの服用となります。

また、ジスロマックは空腹時に特に効果を発揮してくれます。食後に服用するとすれば、食事をしてから2時間以上は時間を空けるのがポイントです。そして、ジスロマックを飲んだなら2時間以上は食事をしないようにしましょう。クラミジア感染症に効果的ではあるものの、飲み方や飲む量を間違えてしまうとトラブルが起きる可能性もないとは言い切れません。

よって、医師に言われた飲み方や飲む量を守るのが大事です(医師に処方してもらった場合)。もし他にも飲んでいる薬があるなら医師に報告をした上で服用して、アレルギー体質の方も医師に確認をしておきましょう。

ジスロマックは苦い!?その対策方法について

ジスロマックは人によっても異なりますが、苦みがあると感じる方もいます。その場合、飲み方を工夫すると苦いのが得意ではない方でも飲みやすくなるでしょう。薬を飲む時には、水もしくはお湯にそのまま溶かす(細粒の場合)のではなく、日常的に飲んだり食べたりする食品に混ぜる手段があります。
ただ、ジスロマックを混ぜる食品次第では、さらに苦みが増してしまうケースもあるため、注意が必要です。

細粒のジスロマックと混ぜることで苦みが軽減される食品は、例えばアイスクリームのバニラ味やチョコレート味などが当てはまります。また、牛乳やコーヒー牛乳も苦みが軽減されます。メイプルシロップなども適しているのではないでしょうか。ただし、かえって苦みが増えてしまう飲料もあります。該当するのはポカリスエットやアクエリアスなどといった経口補水イオン飲料や、オレンジジュースなどの柑橘系飲料なので、これらの飲料には混ぜないようにしましょう。

ジスロマックを飲むタイミングはどんなもの?

薬を飲む際には、飲むタイミングが決まっていることがあります。では、ジスロマックの場合はどういったタイミングとなっているのかについて、見てみましょう。

ジスロマックを飲むタイミングは時間をどの位空けたかにもよる!

ジスロマックを飲むタイミングとしては、空腹時とするのが大きなポイントです。食後から2時間を空けて服用し、薬を飲んだ後も2時間は空けなければいけないとされています。これは、食後すぐだと薬の効果が落ちてしまうことによりますが、食前でも食後でもお腹が空いていなければいけないというわけではありません。

説明書には『1日1回同じ時間に2錠服用するように』と書かれているように、同じ時間間隔で飲むことが重要となっています。それは、ジスロマックが菌を殺す薬となっているため、身体から薬が減ってしまうと菌が増加してしまうからです。
よって、次の日も同時刻に服用するようにしましょう。翌日に飲むまでの間が空いてしまう方が問題となってしまうからです。そうして飲み忘れてしまわないためにも、同じ様な時刻に飲むのを心がけるようにしましょう。

例えば夕食後に飲んでもその時間との兼ね合い(翌日の夕食時間が前日と同じとは限らない)により、24時間後に飲もうとする際に、食後2時間以上経っていなかったとしても、24時間前にジスロマックを飲んでいるのであれば、その時点で飲むのが正しいのです。

飲み忘れても時間を空けずに大量に飲むのはNG!

ジスロマックなどの抗生物質は、もしも飲み方やタイミングを間違えてしまったとしても、効果はあると考えられます。ただ、ジスロマックに限らず抗生物質は、中途半端に飲んでしまうと菌に薬への耐性ができてしまいます。例えば、1日1回で4錠飲むべきものを1日1錠ずつ4日間にわたり飲むといった飲み方などを皆がしてしまえば、ジスロマックの効果が得られないクラミジア等が蔓延してしまう可能性があるのです。
もしも2日目を飲み忘れた場合には、(3日目にも飲み)4日目も飲むようにしましょう。

通常は3日間服用して1週間は効果を発揮する薬なので、効果を得るためには血中の薬の濃度を上げるためにも忘れないようにしなければいけません。ジスロマックの飲み方、飲むタイミングにおいて、飲み忘れたからといって時間を空けないで大量に飲んでしまうことはNGとなります。