ジスロマックは個人輸入できます

ジスロマックは個人輸入ができるから便利!

ジスロマックは病院で処方してもらうとなると、少々躊躇ってしまう方もいるかもしれません。しかし、ジスロマックは個人輸入ができるのです。そこで今回は、ジスロマックの個人輸入の詳細について考えていきます。

営利目的でなければ個人輸入が可能!

ジスロマックは、個人輸入が合法となっています。地方厚生局に、輸入するのが営利目的ではない点が届け出をされていれば、250ミリグラムの錠剤に関しては、1度に60錠まで、600ミリグラムなら1度に30錠まで合法で個人輸入ができます。

その他にも、SR成人用ドライシロップ2グラムシロップがあり、1度に30ミリリットルまで個人輸入が可能、点滴静注用500ミリグラム静中液であれば1度に30ミリリットルまで合法で輸入ができます。ジスロマックの分類は処方箋医薬品となっていて、分量は用法用量からすると、1ヶ月以内の分量なら輸入可能です。ジスロマックは全て厚生労働省の認可を受けていますので、輸入をするのも安心です。

くすりエクスプレスなどの通販サイトで購入できる!

ジスロマックの個人輸入をするにあたり、通販サイトはくすりエクスプレスがおすすめです。会社の規模やコスパ、信頼度など全体的に考えてみても、国内の輸入サイトの中でも実績などがあるのです。以前は送料が有料だったのですが、現在は、送料は一律無料となっています。100%正規品保証・100%配送保証というスローガンを掲げている点も特徴です。

個人輸入した商品は自己責任で使用するのが大事!

ジスロマックの個人輸入ができる通販サイトでは、注意点も掲げています。あるショップにおいては、日本で関連する法律に基づいて、購入者に対してジスロマックなどの薬について利用方法や効果などについての情報提供およびアドバイスはしていません。

つまり、個人輸入をした海外の商品については、自己責任で使用することが大事なのです。また、個人輸入した商品については、購入した方本人のみが使用できるものであり、第三者の方に転売や譲渡はできませんので、注意が必要です。

パッケージの配慮で選びたい

個人輸入をしている業者はたくさんあり、それぞれネットでショッピングができるサイトを運営しています。どの業者を選んでも個人輸入のシステムやプロセスが大きく変わることはありませんが、業者によって利用者への配慮をしてくれている所があるので、ジスロマックの個人輸入を比較するなら、価格だけではなくそうした部分についても検討したいものです。

例えば、外箱には商品名がいっさい記載されていない配慮がされているものなら、自宅や職場に配達されても中が何かがばれてしまう心配がありませんし、マンションなどの集合住宅で管理人さんが受け取る場合でも、管理人さんに中身が何かを知られてしまうリスクを予防できます。

個人輸入のパッケージ配慮はかなり一般的なサービスになっているので、箱に商品名を記載せずに配達してくれる所はたくさんあります。しかし、チェックしたい部分は箱の表記だけでなく、伝票部分の表記もあるので注意しましょう。

箱にジスロマックと記載されていなくても、伝票にはっきりとジスロマックと明記されていたのでは、中身が何かばれてしまいます。他人にばれたくない人は、個人輸入で注文する前にカスタマーサービスに問い合わせて、伝票部分にも薬剤名が記載されないことを確認したほうが安心です。

価格の比較

海外から個人輸入で購入出来るのは、一般的にはジスロマックのジェネリック商品です。どの国で製造されたか、どの国から出荷されたのかは、商品によって異なりますし、どんな環境で製造されたのかという点についても異なります。

こうした点は価格に反映されていることが多く、一般的には欧米諸国で製造販売されたものの方が品質管理や衛生管理がきちんと行われているため、価格も高めに設定されています。勿論、安くても高品質の薬剤はありますが、薬効が強い薬なので、口コミなどをよくチェックした上で、できるだけ安全性が高い商品を選びたいですね。

ジスロマックは日本国内で医師に処方してもらうジェネリック薬剤の場合、価格低下が進んでいるために1錠あたり100円程度とリーズナブルに購入することができます。個人輸入の場合、海外で製造されたジェネリック薬品なのですが、価格は1錠あたり400円~500円と割高なものが多く、少しでもジスロマックを安く購入したい人にとっては、個人輸入を利用するよりも国内で受診してジェネリックを処方してもらったほうがずっとリーズナブルということになるでしょう。海外輸入を利用するのはコスト的には割高でも、誰にもばれずにコッソリ性病の治療をしたいという人が多いですね。

ジスロマックはネットで購入できます

病院に行くのが恥ずかしい人は多い

ジスロマックは性病以外の疾患でも治療薬として使われていますが、クラミジアやマイコプラズマなどの性病では大きな効果が期待できますし、併用禁忌薬などがなく安全性が高い薬剤なので、まず最初に処方されることが多い薬です。

性病検査をして陽性と出てしまったけれど医者に行くことには抵抗があるという人にとっては、個人輸入としてネットでジスロマックを購入することができます。個人輸入は、主に海外で製造されたジスロマックのジェネリック品を購入することになりますが、どの国で製造されているかによって品質管理や衛生管理が異なるので、どの国から輸入されてくる商品なのかはきちんと確認した上で購入したいものです。

個人輸入の価格はどう?

ジスロマックの日本国内におけるメーカー薬価は、1錠あたり250円程度のものが一般的ですが、開発当時と比べると後発医薬品がたくさん発売されるようになり、ジスロマック自体の薬価も低下する傾向にあります。そのため、薬剤によっては1錠あたり100円程度で購入出来るものもあるので、コスト的には日本国内で購入すると必ずしも高額になってしまうというわけではありません。

個人輸入だと、1錠あたりの価格が500円程度とかなり割高になってしまうことがあるので、価格の比較は必ずしたいものです。個人輸入というとリーズナブルに薬が調達できるというイメージがありますが、国内における価格が低下しているジスロマックに関しては、必ずしも個人輸入がお得というわけではないのです。

自宅への配達が嫌なら郵便局留めもOK

性病の治療のためにジスロマックが欲しいと希望する人の中には、家族と同居していて薬が自宅に届くのは困るという人もいるでしょう。自宅や職場への配達に抵抗がある人は、郵便局に私書箱を借りて、そこに配達してもらうという方法が可能です。

私書箱を借りるのは有料となりますが、郵便局留めで配達してもらえるなら自分の都合に合わせて受け取りに行くことができるので、とても便利ですね。それに、家族にばれずにジスロマックを購入できるという点も大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

海外からの個人輸入に関しては、薬剤の品質や副作用など様々な問題がありますが、そうした部分をクリアできれば、誰にも知られずにネットでジスロマックを購入し、こっそりと性病を治療することは十分に可能です。