内服薬ジスロマックとは

内服薬のジスロマックについて探ってみよう!

薬の種類にも外用薬や内服薬など色々とありますが、ジスロマックの内服薬もあります。ではここで、ジスロマックの内服薬が一体どういったものなのかを考えてみましょう。

内服薬のジスロマックには錠剤があります。錠剤の場合には、主成分となっているアジスロマイシンの量により250ミリグラムや500ミリグラム、1000ミリグラムとがあります。一般的な飲み方としては、なるべく決まった時間にジスロマック(アジスロマイシン)500ミリグラムを1日1回3日間続けて服用することとなります。クラミジア性の尿道炎や子宮頚肝炎の場合は、アジスロマイシン1000ミリグラムを1度飲むと、1週間ほどは効果が持続されます。服用する錠剤の数に関しては、アジスロマイシンがいくら含有されているかにもよります。アジスロマイシン1000ミリグラムを摂取するとなれば、250ミリグラムのものなら4錠、500ミリグラムであれば2錠、1000ミリグラムなら1錠のみとなっています。

骨盤内炎症性疾患などの場合の内服薬の飲み方とは?

クラミジアや淋病が原因ともなる骨盤内炎症性疾患の場合は、500ミリリットルのジスロマック注射剤を2時間かけて点滴静注した後に、医師の判断でジスロマックの内服薬250グラム入りを、1日に1回1錠服用します。また、ジスロマックにはアジスロマイシンが600ミリグラム含まれているものもありますが、他のタイプのものとは飲み方や飲む量が異なります。ジスロマックの600ミリグラム錠に関しては、後天性免疫不全症候群(エイズ)を伴った播種性マイコバクテリウムやアビウムコンプレックス症について使われ、飲み方に関しては発症した後の治療か発症を抑える目的として用いられます。

ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g の飲み方も知ろう!

ジスロマックSR成人用ドライシロップ2gもありますが、こちらの場合は1回1瓶を60ミリリットルほどの水で懸濁し使用します。空腹時に服用するのも大事なポイントです。懸濁する際には、容器の目盛りを目安として、60ミリリットルほどの水を注いで、しっかりと瓶のふたを閉めます。そして、数秒間振り十分に混ぜたなら、速やかに服用するのです。さらに、薬は完全に飲みきるようにして、もし残っていた場合には再度水を入れて、ふたをしてから混ぜてもう一度飲みましょう。

特効薬として知られる

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症する性病です。細菌が相手ですので、抗生物質を服用して治療します。抗生物質にはペニシリンやセフェムなどが知られていますが、クラミジアの治療薬には、マクロライド系と呼ばれる新しいタイプの抗生薬であるジスロマックが使われます。

非常に効果が高く、クラミジアの特効薬と言われています。ペニシリン系やセフェム系の薬でアレルギー反応を起こしたことのある患者でも服用可能な薬です。従来の薬は胃酸で分解されることで効き目が弱まることがあり、クラミジアの治療には日数がかかりましたが、ジスロマックは胃酸で分解されにくく、効き目が持続します。

ジスロマックの使い方

ジスロマックは、細菌に成分が取り込まれることによって増殖するためのタンパク質の合成を阻害する働きがあります。細菌が増殖できなくなるため、死滅していくという仕組みです。ジスロマックはこの抗菌作用に優れていて、炎症も和らげます。服用の仕方は症状や重症度によっても変わりますが、500mgを1日に1回、3日間継続するのが一般的です。

軽度のクラミジアであれば500mgを2錠、1回服用するだけで効果が出る場合もあります。効果は1週間ほど続き、胃腸が弱い人は下痢になるという副作用があるため、そういった場合には500mgを1日1回、3日続けて服用するなどの使い方をします。医師の診断に従って、正しく服用しましょう。クラミジアはおおよそ、ジスロマックで完治します。

服用での注意点

ジスロマックには副作用はほとんどありません。胃腸が弱い人は下痢気味になるという程度です。そのため胃腸薬と併せて処方されることがあります。ただし、胃腸薬は自己判断で服用しないようにしましょう。一部の薬には、ジスロマックの吸収を阻害してしまうものがあります。ジスロマックは安全性が高く、服用する回数も少なく済みます。近年では個人輸入という方法もありますが、安全のことを考えて病院で処方してもらったほうが良いでしょう。

ジスロマックはマクロライド系と呼ばれる抗生物質の1種で、マクロライドは併用が禁止されている薬が少ないもののひとつです。基本的は他の抗生物質が含まれていないものであれば併用しても問題ありません。服用している間に風邪をひいてしまったり、発熱や咳などの症状が出た場合には、医師に相談しましょう。ドラッグストアや薬局で買える風邪薬には抗生物質はないので、安心して使えます。