ジスロマックと副作用

ジスロマックという薬について

細菌に有効な抗生物質

ジスロマックという薬は、細菌感染時に服用すると効果的な抗生物質です。抗生物質にはいろんな系統があるのですが、これはマクロライド系で、比較的新しい薬になります。咽頭炎や歯周病、気管支炎、肺炎、中耳炎といったばい菌が入って悪さをする病気を治します。また、性感染症のクラミジアには良い効果を示すので、クラミジアとわかったらほぼ間違いなくこのジスロマックが処方されます。

ジスロマックの種類

ジスロマックには錠剤だけでなく粉薬、カプセル、注射があります。錠剤やカプセルが飲み込みにくいという人には粉薬が処方されたり、症状によっては注射が選択されたりします。ジスロマックは子どもにも使われる抗生物質で、小児用の粉薬、カプセルがあります。

ジスロマックの飲み方は独特

通常、飲み薬は1日2回あるいは3回食後に服用というのが一般的ですが、ジスロマックの飲み方は独特です。大人の錠剤タイプの場合、一般的な飲み方として1日1回、500mgを3日間連続で飲みます。食前、食後は問いませんが、できるだけ決まった時間に飲むようにします。子宮頸管炎やクラミジア性の尿道炎の時は1000mgを1回飲むだけです。骨盤内炎症性疾患の時は500mgを2時間かけて点滴し、医師の判断によって錠剤250mgを1日1回飲むようにします。大人用のドライシロップ(2g)は、水(60ml)に溶かして飲みます。この場合は、空腹時に飲むのが良いとされていて、食後2時間以上経過してからがベストなタイミングです。薬を飲んだ後は2~3時間食事を摂らないようにしましょう。小児用ジスロマックの飲み方は、体重1kgにつき10mgを1日1回、3日連続で服用します。カプセル(100mg)、細粒(10%)共にこれで計算して処方されますので、医師の指示に従って飲む(飲ませる)ようにしましょう。

どんな効果がある?

ジスロマックは風邪や肺炎、中耳炎、クラミジアなどの細菌感染に良い効果があると言われています。特にクラミジアには良く効くと言われていて、医師の指示通りきちんと飲み切れば完治すると言われています。クラミジアに感染した時にこの薬を処方され、飲むと比較的早くに症状が楽になるので薬を勝手に止めてしまう人がいるようですが、一時的に菌が活動しなくなっただけで完治していません。飲み始めて3~4週間後に再度検査をして陰性となっていればOKなので、良くなったと思っても薬は飲み切るようにしましょう。

気をつけておきたい副作用の症状

ジスロマックの安全性と出やすい副作用

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、抗生物質と聞くと副作用があるのではと心配する人も多いですが、マクロライド系の薬は比較的安全性が高く副作用は少ないと言われています。薬には、副作用が全く無いというものは無く、少なからず何らかの副作用があると考えておきましょう。しかし、過度に心配することはありません。医師から処方されたら、その分は安心して服用してください。ただし、人によって副作用が強く出ることがありますので、体調の変化には十分気をつけるようにしましょう。抗生物質の副作用で一番出やすい症状が下痢です。抗生物質は細菌を死滅させるものですから、腸内の善玉菌も減ってしまいます。そのため腸内菌のバランスが崩れ、下痢をしてしまうのです。軽い場合は心配ないですが、ひどい下痢になった場合は医師に伝えましょう。もともと下痢しやすい体質であれば、医師に相談すれば整腸剤を処方してもらえます。

重篤な副作用の症状とは

副作用が少ないジスロマックですが、やはり胃腸症状はあらわれやすいと言われています。下痢、吐き気、胃痛などですが、軽ければ様子を見ていて大丈夫です。ただ、だんだんひどくなってきた場合は早めに病院に行きましょう。注意したいのは重い副作用の症状です。いくら副作用が少ないと言われている薬でも、体質によって重い副作用が出ることがあります。重い副作用の症状は、血液障害や不整脈、肝障害、大腸炎、アナフィラキシーショック、重い皮膚や粘膜障害、急性腎不全、間質性肺炎、横紋筋融解症などがそうです。これらはめったにないと言われているのですが、起こる可能性があるものです。何かいつもと違う、様子がおかしいと思ったら、すぐに受診するようにしましょう。ジスロマックは薬の作用時間が長いので、服用が終わった数日後に副作用の症状が出ることがあります。飲み終わったから副作用もないだろうと思っていたら、数日後に調子が悪くなることがあるのです。服用が終わっても数日間は体調の変化に気をつけるようにしましょう。このような症状があると聞くと、飲むのが怖いという人もいるかもしれません。ジスロマックを飲むことが不安だという場合は、医師に不安なところや疑問を尋ねるようにし、納得できるまで話を聞くようにすれば安心です。服用してみないと副作用が出るか出ないかはわかりませんので、まずは処方されたら決められた量は服用するようにしましょう。

ジスロマックは通販で安全に購入可能

ジスロマックは市販で買えない
ジスロマックだけでなく他の抗生物質の薬全部は、耐性菌の問題であったり使い方が難しい点があるので市販されていません。ドラッグストアなどに行っても抗生物質はお店に置いていません。医師の処方箋がないと購入できないようになっています。ですから医師の診察を受けて、薬剤師のいる薬局に行かないとだめなのです。しかし、病院に行くのは億劫だという人が多いのが現実です。その理由として、病院に行く時間がない、診察代や交通費がかかる、面倒くさい、恥ずかしい、家族やパートナーに病気を知られるのが嫌などが挙げられます。こういった理由を挙げるのは、クラミジアや淋病などの性病にかかっている(かもしれない)人がほとんどです。

ジスロマックを通販で購入する方法

今は何でも通販で購入できるようになり、便利になりました。ドラッグストア、薬局も通販システムを導入しているところが増えましたが、処方薬と言われるものはほとんどのお店は扱っていません。しかし、以前にクラミジアの治療でジスロマックを飲み、それで良くなったが再発したというような場合は、ジスロマックを通販で購入したいものです。そんな人におすすめの、ジスロマック通販サイトがあります。通販なら病院に行って処方箋をもらう必要はありませんし、通院もしなくて良いのです。インターネット通販と言えば、有名な大手サイトがありますが、そこでは購入できません。ジスロマックが買えるのは、個人輸入代行サービスを行っているサイトです。通常、個人輸入をする時には様々な手続きが必要となります。この面倒な手続きをすべて代行してくれますので、購入する側は普通の通販サイトで買い物する時と同じよう個人輸入ができるのです。ジスロマックの販売元は海外ですから、そこから直接購入するということになります。この方法で購入するのは、何か法に触れているのではと不安になりますが、その心配はありません。個人輸入代行サイトも、大手の製薬会社からのみしか個人輸入を行っていませんから、安心、安全に購入できます。

費用はどれくらいかかる?

個人輸入でジスロマックを購入するのと、国内で病院に行って処方箋をもらい、薬局で購入するのと費用に差はあるのか気になるでしょう。通販では薬代と送料のみで良いので、薬代がだいたい2500円前後から3000円前後、送料が0円から1000円までです。病院に行った場合は診察代や検査代、薬代などで10000円前後かかりますので通販の方が安く買えることになります。