ジスロマック服用中のお酒

ジスロマック服用中はお酒を飲めないのか

薬とお酒の関係

仕事で疲れて帰ってからの晩酌は最高のひとときで、これだけは欠かせないという人は多いでしょう。もちろん、体調が優れない時はあまりお酒も飲みたいと思わないので自然とお酒は控えるようになりますが、それほど体調が悪いわけではないがジスロマックを飲まなければならない細菌感染を起こした場合、楽しみの晩酌はしても良いのでしょうか。まず、薬とお酒の関係を知りましょう。お酒を飲んだらアルコールは肝臓で分解されます。肝臓は入ってきたアルコールを分解するために一生懸命働きます。しかし、実はこの肝臓で薬も分解されるのです。お酒を飲んで薬を飲んでいると、肝臓にダブルで負担をかけていることになります。アルコールが分解されずに悪酔いしたり、薬の効き目が落ちたりするので注意が必要です。

ジスロマック服用時は飲まない

薬の中には服用中にお酒を飲んだら危険と言われるものがあります。お酒の効果と薬の効果が合わさって、異様に眠くなったり、効きすぎてしまって意識を失ったりすることがあるようです。抗ヒスタミン薬や解熱鎮痛薬、精神安定薬、睡眠薬、高血圧の薬などを服用している人は特に注意が必要です。では、ジスロマックを服用中のお酒はどうなのかですが、ジスロマックはお酒との飲み合わせは特に注意喚起はされていません。しかし、抗生物質を飲まなければならない体調であることを自覚し、ジスロマックを服用している間のお酒は控えた方が良いと言えるでしょう。ジスロマックは、血液中で成分濃度が一定以上のレベルになることで発揮されます。お酒を飲むと血液中にアルコールが入ってきて薬の有効成分が低くなってしまいます。ということは、薬の効き目が落ちることになるので、体内の死滅させなければならない細菌が死滅しない可能性があるのです。

耐性を強めてしまう危険が

細菌を短期間に死滅させるためにジスロマックを服用していても、お酒を飲むことで効き目が悪くなり、細菌を中途半端に攻撃して薬に対する抵抗力を強めてしまうことがあります。ジスロマックに対して耐性が強くなってしまうと効果がみられなくなり、また別の抗生物質を使わなければならなくなってしまうのです。ジスロマックを服用している間は、お酒は飲めないものとして考え、控えるようにしましょう。ジスロマックは長期間飲む薬ではありませんので、その間くらいはお酒を控えてください。

クラミジア治療中だけどアルコールが飲みたい

もしかしたらクラミジア?体に起こる変化

クラミジアという感染症は、日本で最も感染者数が多いとされるものです。毎年2万人を超える規模で発生していると言われています。感染の原因は、保菌者との性交渉になりますが、自覚症状が無い人もいるために患者数が増えていると言われています。感染すると1週間から3週間の潜伏期間があって発症します。主に性器周辺や喉に炎症を起こすものです。クラミジアに感染したら体にどんな変化が起こるのかを知っておき、自分に当てはまるものがあれば病院へ行くことをおすすめします。まず、男性の場合ですが排尿時に軽い痛みがある、尿道から膿が出る、尿道の痒みや違和感といった尿道炎の症状や、軽い発熱、副睾丸の腫れ、痛み、違和感などの精巣上体炎の症状、喉の痛みや咳といった咽頭炎の症状がみられます。女性の場合はおりものの増加や不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みといった子宮頸管炎、卵巣炎、卵管炎の症状や肝周囲炎と考えられるお腹の痛み、喉の痛みや咳などの咽頭炎の症状がみられます。男女ともに、これらの症状がみられたら病院へ行って検査してもらうようにしましょう。放置していても自然治癒するものではありません。

クラミジアと診断されたら

病院でクラミジアと診断され、確定したら治療をしなければいけません。クラミジアは、きちんと治療すれば1か月ほどで完治します。ですから必要以上に怖がる病気ではありません。治療は簡単で、ジスロマックという抗生物質を服用するだけです。クラミジアにはジスロマックが一番効くと言われており、一般的にこの薬が処方されます。クラミジア治療の時に服用方法は、1000mgを1回服用するだけで済みます。1回の服用で、1週間から10日間効果が続くので、治療と言っても簡単なのです。

治療中のアルコールは禁止?

クラミジアをジスロマックで治療している間、アルコールは飲めないのでしょうか。発熱などで体がだるい、辛い場合は飲みたいという気持ちも起こらないでしょうが、薬が効いてきたら楽になるため、いつもと変わらない生活を送りたくなるものです。ジスロマックとアルコールは絶対に禁止と言われているわけではありませんが、薬効が持続している間のアルコールは控えた方が良いです。血液中にアルコールがあるとジスロマックの効き目が弱くなり、病原菌を抑え込むことができなくなるからです。治療中にアルコールを我慢すれば、確実に完治できます。

ジスロマックの服用中は禁酒でないといけないのか

肝臓や腎臓の負担が増える

お酒を飲んだら肝臓や腎臓でアルコールが代謝されます。薬を飲んでも、肝臓や腎臓で有効成分を代謝するので臓器には負担がかかっています。もし感染症にかかり、ジスロマックが処方されてそれを服用したら、有効成分が体内にある間は禁酒した方が良いでしょう。アルコールと薬の有効成分の両方を処理するのですから、肝臓と腎臓にかなりの負担がかかっていると考えられます。ジスロマックの副作用の中に、肝臓の重い症状や急性腎不全があります。この副作用はごくまれと言われていますが、アルコールを摂取することで、その副作用が出てしまう可能性もあるのです。ジスロマックを服用中は、アルコールは我慢しましょう。

ジスロマックの効き目が悪くなる?

ジスロマックは、血液中の成分濃度が一定の水準に達すると効果を発揮します。そんな時にお酒を飲んでアルコールが血液中に取り込まれるとジスロマックの有効成分濃度が低くなってしまうのです。そうなると効き目が悪くなってしまい、体にある感染症の細菌の増殖が抑えられなくなり、症状が改善しない(薬が効かない)ようになってしまいます。一定期間飲むように指示されたジスロマックが本来の効果を十分に発揮できないままになると、病原菌自体に耐性がつき、その薬が効かなくなってしまいます。クラミジアの治療にはジスロマックが一番有効と言われていますが、お酒を飲んだことによって効き目が悪くなってしまうと、別の抗生物質に変更しないといけなくなります。ジスロマック以外の抗生物質は、クラミジアに対しては有効性が低いと言われていますので、治癒するまで時間がかかることになります。

禁酒が完治への早道

クラミジアに罹ってしまったら、パートナーへの感染も心配ですし一刻も早く治したいものです。ジスロマックはクラミジアに対しては良く効くと言われていますので、きちんと飲めば完治します。お酒が大好きな人にとって治療中に禁酒するのは辛いかもしれませんが、ジスロマックを飲み始めたら2週間は禁酒する方が良いでしょう。そうすることで確実に治療でき、完治します。どうしても付き合いなどでお酒を飲まなければならないのであれば、お酒を飲む前にたっぷりの水分を摂るとか、薄めのカクテルなどをゆっくりと飲むようにしましょう。一気飲みはアルコールの血中濃度を急激に高めるので注意が必要です。