サワシリンの効果・飲み方・副作用

サワシリン

サワシリンとは

サワシリンとは、「広範囲ペニシリン系薬」という分類の抗生物質で、アモキシシリン水和物を有効成分として含有している医薬品です。

サワシリンはアステラス製薬が製造販売するアモキシシリン水和物の商品名ですが、武田テバ薬品が製造販売するアモリンや協和発酵キリンが製造販売するパセトシンについても、同一の有効成分を持った医薬品です。

基礎的な抗生物質として知られるアンピシリン水和物の類似薬であり、腸管吸収性に優れることや、抗菌活性を改善しているという特徴があります。

グラム陽性菌と呼ばれる種類の最近に有効性が高く、大腸菌やインフルエンザ菌などのグラム陰性菌に対する効果も認められています。

ただし、昨今ではペニシリンに対する抗菌耐性を獲得した「薬剤耐性菌」が問題になっています。

これは細菌がペニシリンを分解する酵素である「β-ラクタマーゼ」を産生することによるものであり、サワシリンにこのβ-ラクタマーゼを阻害する薬剤を配合した医薬品も販売されています。

サワシリンの効果

サワシリンは抗生物質の一種であり、様々な感染症に対して用いることが出来る医薬品です。
細菌の細胞壁の合成において、ペニシリン結合タンパク質(PBP)というものが深く関わっていることが知られています。

本剤は細菌のPBPに作用して、細菌の細胞壁合成を阻害し、細菌を殺すことにより抗菌作用をあらわすのです。

サワシリンは、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属等のグラム陽性菌、及び淋菌、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌等のグラム陰性菌に対して、殺菌的な抗菌作用をあらわします。

適応症としては、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、淋菌感染症、梅毒、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、 歯冠周囲炎、顎炎、猩紅熱、胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症などが挙げられます。

喉の痛みとサワシリン

サワシリンは、喉の痛みに対しても効果を発揮することのできる医薬品です。 特に、この痛みの原因が細菌感染によるものであれば、サワシリンは著効するものと考えられます。 喉の痛みを引き起こす感染症としては、A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)が有名です。

A群β溶血性連鎖球菌では、咽頭炎や扁桃炎、しょう紅熱などを引き起こすことが知られています。 また、具体的な症状として発熱、喉の痛み、イチゴ舌(舌に赤い発疹が出来てイチゴのようになる)、全身倦怠感、嘔吐などが挙げられます。

昨今では、風邪症状には抗生物質はあまり使われなくなってきていますが、A群β溶血性連鎖球菌に限ってはガイドラインにおいても抗生物質の使用が推奨されています。 一般的にはサワシリンが用いられており、服用開始から1~2日で熱は下がり喉の痛みも治まります。

しかし、体内の菌を完全に死滅させるためには、7~10日程度の服用が必要となっています。 途中で中止してしまうと、体内に残った菌が心臓弁膜症や急性糸球体腎炎を引き起こすため、自覚症状がなくなった後にも継続するようにしましょう。

サワシリンの飲み方

サワシリンの用法及び用量は、下記の通りです。

(成人)アモキシシリン水和物として、通常1回250mg(力価)を1日3~4回経口投与する。

(小児)アモキシシリン水和物として、体重1kg当たり通常1日20~40mg(力価)を3~4回に分けて経口投与する。

1日量として体重1kg当たり90mgを超えないようにすること。 年齢及び症状に応じて適宜増減することも可能であるので、適切に投与量の検討をするようにしてください。

また、ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法においては、上記と異なる用法で用いられています。

この場合では、「成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価)、クラリスロマイシンとして1回200mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する」とされています。

サワシリンの飲み合わせ

サワシリンの飲み合わせとしては、ワルファリンカリウム、経口避妊薬、プロベネシドが挙げられます。

ワルファリンカリウムは、腸内細菌によってビタミンKの産生を抑制することによって、作用が増強されるおそれがあるとされています。

経口避妊薬は、腸内細菌叢を変化させることによって、経口避妊薬の腸肝循環による再吸収を抑制して、効果を減弱させるおそれがあるとされています。

プロベネシドは、サワシリンの尿細管分泌を阻害して尿中排泄を低下させ、血中濃度を低下させるおそれがあるとされています。

また、治療における有益性の観点から、同系統もしくは別の作用機序を持つ抗生物質などは併用しないようにしましょう。 アルコールについては、薬剤の代謝に影響を及ぼす可能性があるため、併用は控えるようにしましょう。