咽頭クラミジアの症状と治療法

咽頭クラミジア

咽頭クラミジアとは

咽頭クラミジアとは、クラミジア・トラコマティスという細菌が、喉の奥にある粘膜に感染することで発症する疾患のことを指します。

一般的にクラミジアは性器から感染することが多く、男性であれば性器への感染後、尿道から体内に侵入し、時には前立腺や副睾丸まで症状が及びます。

女性であれば性器への感染後、子宮頸管から体内に侵入し、子宮内膜や卵管、骨盤腹膜まで症状が及びます。 咽頭クラミジアの主な感染源は、性器や口、直腸などの粘膜とされています。 性交だけではなく、フェラチオやクンニリングスのようなオーラルセックスなど、「口を使った性行為」によっても感染することが知られています。

また、ディープキスなどによっても感染することがあるため、感染の機会はより多いと考えられます。 潜伏期間が長い場合や、自覚症状がなく知らず知らずのうちに保菌者となっている場合もあるので、感染した際にはしっかりと治療することが重要です。

オーラルセックスで感染しやすい喉のクラミジアは厚生省のホームページでも紹介されています。特に若い世代の男女や性風俗サービス店で感染することが多いのが喉のクラミジアです。理由はオーラルセックスではコンドームを使用することが少ないため性器から咽頭へ病原菌が感染するのです。

咽頭クラミジアの検査方法

咽頭クラミジアの症状が出た場合や、感染の可能性がある場合には、なるべく早めに検査を受けることが重要です。 病院で検査を受けるのであれば、性病科や耳鼻咽喉科を受診することが一般的です。

女性であれば、女性クリニックなどで検査を行っている場合もあるので、相談をしてみると良いでしょう。 また、誰にも知られたくないという方や病院に行くタイミングのない方は、通販で検査キットを購入して自宅で検査をすることも可能です。

はっきりとした自覚症状がある場合には、即日から検査が可能です。 しかし、感染直後の場合には正確な検査結果が得られないこともあるので、3日程度経過してから検査を受けるようにしてください。

また、咽頭クラミジアの症状が現れた場合には、感染の可能性が高いことから、性器クラミジアの検査も受けるようにしましょう。

性器クラミジアは自覚症状がない場合もありますが、放置することで卵管炎や不妊症などの重篤な症状を引き起こすこともあるため、早期の治療が求められます。

また、感染源となったパートナーが明らかである場合には、同時に検査を受けるようにしましょう。

咽頭クラミジアの症状

咽頭クラミジアでは、自覚症状が見られない場合もありますが、咳やのどの痛みといった症状が発現します。 風邪の初期症状に似ているともいわれており、喉の違和感や熱っぽさなどが一般的です。

進行すると、痰をともなわない乾いた咳が出ることや、喉が赤く腫れて痛みを感じることもあります。

また、咽頭クラミジアに感染した方の咳によって、免疫力の弱い高齢者や乳幼児などが感染を起こす場合もあるので、症状が見られないからと言って放置をすることのないようにしましょう。