尿道炎の原因・症状・治療法について

尿道炎

尿道炎とは

尿道炎とは、尿道における細菌感染を主とした疾患を指しています。 罹患する方のほとんどは男性であり、女性の症例はほとんどみられません。 これは女性の尿道は短く、感染が起こりにくいことが要因として考えられています。

また、男性における急性尿道炎は、ほとんどが性感染症(STD)であるといわれています。 尿道炎は、性行為などの際に、尿道から菌が侵入することによって起こります。 菌を持っている相手と性行為をしたからと言って必ず起こるわけではなく、菌の種類や量によっては、1度では感染しないこともあります。

原因となる菌にはクラミジアや淋菌などが多く、腸炎球菌や大腸菌などの一般的な細菌が原因となることもあります。 膣を介した性交だけでなく、咽頭に菌が潜んでいる場合などでは、オーラルセックスによっても感染することが知られています。

複数のパートナーを持っている場合などでは蔓延することも多く、感染経路を特定した上で治療を行わなければ、感染を繰り返すこともあるのです。

尿道炎の症状

尿道炎の症状は、排尿時の痛みや尿道の違和感、尿道から膿が出るといったものが一般的です。 これは、尿道口から侵入した病原菌が尿道の粘膜に感染し、尿道炎を起こしていることが原因となっています。

膿の色や性状は個人差があり、黄白色~黄緑色など様々ですが、膿の状態や潜伏期間を把握することで、原因菌の特定につながります。 性行為から2~7日の潜伏期間の後に、強い排尿痛を伴って尿道口から濃い膿が多量に出る場合には、淋菌による尿道炎が疑われます。

一方で、性行為から1~3週の潜伏期間の後に、軽度の排尿痛を伴って尿道口からやや水っぽい薄い膿が少量出る場合には、淋菌以外の病原菌による尿道炎が疑われます。 淋菌以外の症例における約半数は、クラミジアが原因であるといわれています。

感染していても全く自覚症状がない場合もありますが、パートナーに対する感染力は有しているために、早期の治療が必要となります。